なぜ、日本の治験は先進諸外国と比較してこれほど遅れているのでしょうか?
主な理由をあげてみましょう。

・日本では治験という言葉や制度自体、あまり知られていない
・良くないイメージがある
献血も昔は「売血」といわれて良くないイメージが強かったように、治験も実験というイメージが強く十分に理解されていない。

・ボランティアという認識の広がりに違いがある
先進諸外国の人々の間では、献血と同じように、治験に参加する=創薬ボランティアという認識が広まっている。

・治験の基準が厳しくなった
1998年まで国によって独自の治験に関する基準が設けられていたが、治験の正確さや人権の尊重を重視したため、基準が世界的に統一されて日本の参加条件は以前より厳しくなった。

・医療システムの違い
日本は国民皆保険で(国民は全員健康保険に加入していることを想定しているため)医療費の負担が比較的少ないが、ほかの国では保険に入っていないため(個人の保険にしか入ってない事が多いため)、薬代や検査代が無償になる治験に参加する人も少なくない。

・医療文化の違い
日本では医師が治療法を決めることが多く、自らが治療法を選択するという習慣が定着していない。