治験は、参加して下さる方の安全を守るために3つの段階に分けて慎重に行われます。

(1)第1段階(第1相)
少人数の健康な大人が対象となります。 くすりの量 を徐々に増やしていき、安全かどうか調べます。
また、くすりがどのくらいの時間で体の中に吸収されるか、そして排泄されるか調べます。

(2)第2段階(第2相)
くすりの効果があると想定される少人数の患者さんを対象に行われます。
安全性・効き目・くすりの使い方(量・使う期間・使う間隔など)を調べます。

(3)第3段階(第3相)
安全性の確認が進んだ段階です。数多くの患者さんに対する最終的な安全性・効き目・使い方の確認を行います。
このため、この第3相の治験では、より多くの方の協力が必要となります。
logo

(4)第4段階(第4相)
治験とは呼ばれませんが、厚生労働省(国)がくすりとして認めて市販された後でもう一度試験をします。
より多くの人に対する安全性や効き目を確認して、安心していただくためです。 これを「市販後臨床試験」といいます。