プラセボは、有効成分を含まない(治療効果の無い)薬の事で、「偽薬」(ぎやく)とも呼ばれています。
病気の時に、“薬を飲んだだけで安心した…”という経験はありませんか?お薬の成分含まれない偽の薬を飲んでも、“薬を飲んだ”と思うだけで心理的作用が働き、効果を発する時があるのです。これを「プラセボ効果」といいます。
プラセボは、砂糖やデンプンなどを用いて作られ、見た目だけでは判断がつきません。プラセボは、主に治験や市販後臨床試験などで比較試験を行う際や、病院などの医療現場で医師の判断で使われています。

プラセボの役割

治験(市販後臨床試験も含む)でのプラセボの役割
全く薬の効果を持たないプラセボと比較する事で、治験薬(試験薬)の有効性を科学的に明らかにする為に使用します。主に「二重盲検比較試験」(Double Blind Test)という試験でよく使われます。

医療現場でのプラセボの役割
お薬(睡眠薬や、鎮痛剤など)を常習・連用している患者を薬物の依存から防ぐ為に、プラセボを使って、お薬の量を減らす場合などに使用します。(※症状に対し、プラセボを使用しても問題ないと医師が判断した場合)

プラセボを飲むか教えてくれるの?

治験(試験)でよくプラセボを用いる「二重盲検比較試験」では、治験薬(試験薬)を飲んでいるのか、プラセボを飲んでいるのか、治験に参加した方も医師も分からない仕組みになっています。治験薬(試験薬)とプラセボは、外見(形や色など)が全く同じで、見分けがつきません。“医師だけは分かっていても良いのではないか?”と思われるかもしれませんが、医師が“この患者さんはプラセボだ”と最初から分かっていると、先入観がはたらき、治験薬(試験薬)を飲んでいる患者さんとプラセボを飲んでいる患者さんへの対応に違いが生じる可能性があるので、知らせない方が良いのです。この様に、何を飲んでいるか分かっていると、心理的なものが影響して正確なデータを取ることが出来ない為、参加される方にも医師にも隠す必要があるのです。

プラセボを飲む確率は?

その治験(試験)により、プラセボを飲む確率は異なります。
必ず全員が一度はプラセボを飲む場合もありますし、飲まないまま終了される事もあります。

(試験の一例)
・治験薬(試験薬)かプラセボかどちらかを飲む(2:1や3:1など様々です)
・最初に全員が既に市販されている薬を飲み、その後治験薬(試験薬)かプラセボを飲む
・治験薬(試験薬)とプラセボを飲むグループと、他の比較薬とプラセボを飲むグループにわかれる

プラセボのある治験に参加する場合

治験や市販後臨床試験など臨床試験の参加にあたっては、参加される方の「意思」が尊重されます。医師から詳しい説明を受け、分からない事や納得行かない点があれば、理解出来るまで質問をしてください。参加を取りやめても不当な扱いを受ける事はなく、今ある症状に応じた最適な治療が受けられます。

もしあなたが治験などの臨床試験へ参加をお考えであるならば、プラセボがある治験の目的についてよく理解した上で、医師とよく相談される事をお勧め致します。