Archives for 循環器科 - Page 2

心筋梗塞

どんな病気? 血管の壁に付着したコレステロールの皮膜が破裂して、一瞬にして血栓を作り、心臓の血管に詰まって血流が完全に止まってしまう病気。心筋梗塞を起こすと、強烈な胸の痛みに突然襲われ、痛みは数時間続く。安静にしても痛みはおさまらず、冷や汗や吐き気を伴うこともある。 かつては、動脈硬化で血管の内腔が狭くなって、ついには詰まって心筋梗塞に至ると考えられていたが、心筋梗塞の前駆症状として狭心症を起こす人は半分以下。狭心症の延長線上として起こるのではなく、動脈硬化がそれほど進んでいなくても、心筋梗塞が起きることがわかってきた。 検査・診断 心筋梗塞を起こしたら、1分でも早く救急車を読んで最寄のCCUのある病院へ搬送してもらうことが大切だ。6時間以内にPCI(経皮的冠動脈インターベンション)を行い、心臓の血流を再開させれば、9割以上は救命できる。 PCIとは、冠動脈造影検査で心臓のどの部分の血管が詰まっているかを調べ、そけい部などの動脈からカテーテルを挿入し、閉塞した血管をバルーンで広げた後、ステント(金属メッシュの筒)を挿入して広がった状態を保つ方法。 一度、心筋梗塞を起こすと再発しやすくなるため、命が助かったからといって油断せずに徹底的な予防策をとる必要がある。厳しい生活習慣の改善のほか、アスピリンを1日80~100g服用する。これは解熱鎮痛剤として使用する10分の1の量にあたるが、心筋梗塞や脳梗塞の予防に効果があることがわかっている。
もっと読む

狭心症

どんな病気? 心臓を取り巻く冠動脈の内腔が、動脈硬化のために狭くなって血流が低下する病気。心臓の筋肉に血流がきちんと流れないために酸欠状態になり、発作を起こす。発作時には、胸の中央付近に締め付けられるような痛みが現れ、左腕、肩、顎などにも放散する痛みを伴うことがある。発作は重い荷物を持って歩いたときや、階段を上ったときに起きやすいが、安静にすると落ち着く。体を動かしたときにだけ起きていた狭心症が、安静時にも起きたり、発作の頻度が高く、痛みの持続時間が長くなったようなケースを不安定狭心症と呼び、心筋梗塞を起こしやすいので注意が必要だ。 検査・診断 診察は循環器内科あるいは内科へ。血圧測定、血液検査のほか、冠動脈造影検査で心臓の血管の様子を観察する。 治療 狭心症発作が起きたときには、ニトログリセリン(舌下錠あるいは口腔粘膜スプレー)を使って狭くなった血管をある程度拡張するとともに、血圧を下げて心臓の負担を軽くする。発作を予防するためには、ニトログリセリンと同様の成分で長時間作用が続く薬や、交感神経の緊張を緩めるβ遮断薬などを組み合わせて使う。 狭心症のリスクを下げるためには、高血圧、糖尿病、高脂血症の3大危険因子をコントロールし、動脈硬化に結びつく生活習慣を改善し、禁煙することが大切。食事や運動で改善できない場合には薬によるコントロールが必要になる。
もっと読む