Archives for 整形外科

骨粗しょう症

どんな病気? サイレント・ディジーズ(静かな病気)と言われる骨粗しょう症。 骨全体が弱くなることで骨折しやすくなり、また折れてしまった骨が元に戻るまでに時間がかかるようになる病気です。 骨粗しょう症の患者さんは高齢化社会に伴って増えつつあります。 骨がスカスカになり骨折しやすくなるため、骨折が原因で日常生活に支障をきたし、さらには寝たきりになってしまうということが問題となっています。 男性は女性に比べて骨粗しょう症にはなりにくいのですが、加齢と共にカルシウムの吸収率が低下するため70歳を過ぎると骨粗しょう症になる人の割合が増えてきます。 女性は閉経後、ホルモンバランスが大きく変化するため骨密度が急激に減少することにより骨粗しょう症になりやすくなります。 骨粗しょう症の症状 ◎初期  1. 無症状 自覚症状は全くありません。 ◎進行期 1. 疼痛(腰背部痛) 安静時の痛みや不快感、前かがみになると痛む、立ち上がる時や座る時に痛む 2. 骨折 転んだだけで骨折する、背中や腰の痛みで寝ていることが多くなる、身長が縮んだ、背中や腰が曲がってきた 3. 脊椎変形に伴う症状 前かがみの姿勢になることで転倒の頻度が高くなる、腹部膨満感による食欲減退、胸焼け、急に起き上がれない、 長距離の歩行が困難、上を向いて寝られない など。 原因 骨粗しょう症の原因は様々なものがあります。 遺伝によるもの、食事、運動、喫煙、飲酒などの生活習慣によるものなどがありますが、大きく分けると1つは加齢によるもの、もう1つは病気や薬の影響などが原因で起こるものです。 ◎原発性骨粗しょう症(主な原因は加齢) 特定の原因がないものです。閉経を迎えた50~70代の女性に多い骨粗しょう症です。 ◎続発性骨粗しょう症 各種内分泌疾患、胃切除、ステロイド製剤の服用など、原因が特定できるものです。 検査・診断 検査には次のようなものがあります。 DXA法 腰椎、大腿骨、全身骨、腕骨、踵骨で骨密度を測定...
もっと読む

慢性関節リウマチ

どんな病気? 初期の関節リウマチは、倦怠感、食欲不振、体重減少、発熱といった関節以外の症状がみられます。その後、朝の手足のこわばり、手指関節の炎症が現れ、さらには、全身の関節痛、腫れ、こわばり、しびれなどが現れてきます。 この中の関節痛は、左右対称性(例:右手が痛い場合は、左手も痛くなる)になって現れることも関節リウマチの特徴的な症状の一つです。そして、最終的に関節の変形が起こってきますが、こうなると患者さんは日常生活にも支障が出てきます。 最初は手指の第二・第三関節など小さな関節から腫れたり、こわばったり、痛みが出ることが多いのですが、日本人では特に膝の関節が腫れて痛むケースも多いようです。 また、関節リウマチの症状は、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら、時間をかけて少しずつ悪化していくこともわかっています。これらの背景には、患者さんの精神的な面も大きく関係していると言われており、患者さん本人だけでなく、ご家族など周囲の方の理解も重要になります。 ■手足の指の変形 関節リウマチで関節の炎症が長期間続くと、関節組織や軟骨が破壊され、筋肉が硬くなったり、腱が断裂したりして、リウマチ特有の変形が手足に起こってきます。 これらの症状は、日常生活に支障をきたすだけでなく筋力の低下も招きますので、筋力維持のために訓練が必要になってきます。 ■関節リウマチの合併症 関節リウマチは、さまざまな合併症を伴ないやすい病気です。ちょっとした症状の変化を見逃さず、定期健診や検査を受け、合併症の早期発見・治療を心がけましょう。 ・皮下結節 肘や後頭部、お尻など外から力が加わりやすい皮膚の下に、大豆ぐらいの大きさの硬いしこりが出る病気。痛みも痒みもない。 ・心膜症 心臓を包む膜(心膜)に炎症が起きる病気。 ・胸膜炎 肺を包む膜(胸膜)に炎症が起きる病気。 ・肺線維症 肺の組織が硬くなったり、萎縮したりする病気。 ・上強膜症 白目が赤く充血する病気。 ・末梢神経炎 手足がしびれる病気。 ・シェーグレン症候群 涙腺や唾液腺に炎症が起き、涙や唾液が出にくくなる病気。 ・アミロイドーシス アミロイドという特異な蛋白が腎臓や胃などの組織に沈着する病気。 ・貧血 血液中の赤血球や血色素が減少した状態で、めまいなどを起こす病気。...
もっと読む