Archives for その他

肥満

どんな病気? 体格指数BMI(体重㎏÷身長m×身長m)が25以上になると医学的に肥満とされる。BMIと病気のかかりやすさには、はっきりとした相関関係があり、25を超えると糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病を発症するリスクが高まることがわかっている。これらの病気が重なると、心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高まるため、死の四重奏(カルテット)といわれる。また、過剰な体重を支えるために脚の関節に負担がかかり、異常を起こす人も多い。美容的な観点よりも健康面への注意が必要だ。なお、欧米人と比較して日本人は肥満による健康障害が起こりやすく、欧米人の肥満の定義(BMI30以上)よりも厳しく設定されている。 検査・診断 身長と体重を測定すれば、簡単にBMIが計算できる。家庭用の体脂肪計が普及しているが、実際には正確なデータとはいえず、医学的なデータとしては採用されていない。正確に体脂肪率を測るにはCTスキャンをとらないとわからない。したがって、家庭用体脂肪計で測定した体脂肪率は参考程度にとどめたほうがよい。 治療 肥満になる理由はごく単純で、食事でとるカロリーよりも運動で消費されるほうが少ないため。特別なメニューやダイエット食品を利用しなくても、ふだんの食事を意識して少し工夫するだけで、カロリーは抑えられる。和食中心のメニューにして、油物と砂糖を減らし、野菜を多くとるのがコツ。カロリーがほとんどない野菜をたくさん食べ、満腹感を得るようにするといい。また、運動する機会を特別に設けなくても、通勤や買い物など日常生活の中で歩く習慣を。エレベータなどを使わないというのも一つの方法。 短期間に集中してやせようとしてもリバウンドのもとになるため、多くても月に3㎏減量を限度として、長続きする方法で地道に減量したい。
もっと読む

尖圭コンジローム

どんな病気? ヒトパピローマウイルスに感染し、鶏冠のような形状のイボが、外陰部や尿道口周辺にできる病気。潜伏期間が数週間から2,3ヶ月と長いので、セックス感染でも忘れた頃に症状が現れ、驚くケースも多いよう。イボが小さいと、自分では目に入らない場所だけに、なかなか気づかない。何となく外陰部がむずかゆい、触るとザラザラした感触があるなどの変化を感じたら、早めに婦人科を受診したい。 検査・診断 イボの形状が特徴的なため、内診台で外陰部を観察すると、だいたい診断がつく。まれに悪性の可能性があるので、念のためにイボを切除して検査する。 治療 イボを物理的に処置していく。大きいものはメスで切り取るが、レーザーで焼く、液体窒素で凍結、壊死させる、液体抗がん剤を塗るなどの方法で一つずつイボをとっていく。このため、イボの数が多いと治療に時間がかかる。治療中、痛みがひどい場合には局所麻酔することもある。数が増えないうちに、早めに治療を受けたほうが治療回数も少なく負担が少ない。
もっと読む