Archives for 皮膚疾患系

アレルギー性鼻炎

どんな病気? なんらかのアレルギー物質に反応し、くしゃみや透明な鼻水、鼻づまりなどの症状を起こすものをアレルギー性鼻炎と呼びます。 アレルギー性鼻炎は「通年性」のものと「季節性」のものがあります。 杉やブタクサなどの花粉による、花粉の飛ぶ季節だけに症状が現れる花粉症は「季節性アレルギー性鼻炎」と言います。 アレルギー性鼻炎の3大症状 1. くしゃみ…1日に何回も立て続けにくしゃみが出る。鼻の中がムズムズしたり痛くなったりする。 2. 鼻水…粘り気がなく、透明な鼻水があふれるように出てくる。 3. 鼻づまり…鼻粘膜が腫れて嗅覚障害を起こすことも、口呼吸の原因にもなる。 アレルギー性鼻炎の症状はひどくなると日常生活に支障をきたします。何度も出るくしゃみや鼻水により集中力が低下する、夜眠れないなど深刻な支障が出たり、鼻をかみすぎて鼻の皮がむける、鼻の周辺の肌が荒れて赤くなる、鼻づまりのせいで嗅覚障害を起こしたり、口呼吸になることにより喉を傷めてしまうなど様々な不具合がおこります。 原因 人には免疫機能が備わっています。体内の異物を感知すると異物を素早く排除しようと働いてくれます。しかし、この機能も過剰に反応すると身体にとっては逆に負担になってしまうのです。この過剰な反応のことをアレルギーと呼びます。アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)の種類は数多く、人によっても反応がまちまちです。 主なアレルゲン a. 食物性アレルゲン 卵、そば、小麦など 口から入り、口や喉の粘膜で反応する。腸で吸収され、全身に運ばれるとじんましんやアナフィキラシーなどの全身症状を引き起こす。 b. 吸入性アレルゲン…植物性 空気中に漂い、鼻や気管支から侵入する。 スギやヒノキの花粉など アレルギー性鼻炎や気管支ぜんそくを起こす。 …動物性 空気中に漂い、鼻や気管支から侵入する。 猫の毛やダニ、カビ、細菌、ハウスダストなど アレルギー性鼻炎や気管支ぜんそくを起こす。 以上のアレルゲンと生活環境や生活習慣、ストレスによる免疫力の低下などもアレルギーを発症する引き金になることがあります。 検査・診断 鼻炎がアレルギーによるものか、他の原因によるものかを検査するため問診や鼻鏡検査などを行います。 [問診]・症状の経過、季節性かそれ以外か、症状が強くなる時間帯、既往歴、家族にアレルギー体質の人がいるかどうかなど [鼻鏡検査]・鼻粘膜の状態、色(普通はピンク色)晴れて青白くなっているとアレルギーの可能性あり [鼻汁好酸球検査]・鼻汁を採取して顕微鏡で観察する。好酸球が増えているとアレルギーの可能性あり ◎以上の検査でアレルギーの疑いが出てきたら、アレルゲンは何かを調べる検査を行います。 [皮膚テスト]腕に小さな傷を作り、多種類のアレルゲンの溶液をたらす、アレルゲン溶液を注射する。または皮膚にアレルゲンの溶液をたらし、上から針を軽く刺すなどのやり方でテストする。15~20分程度で結果がわかる。 [血清抗体検査]採血し、血液中のIgE抗体量を測る。...
もっと読む

爪白癬

どんな病気? 爪にできる水虫の一種で、白癬菌(はくせんきん)というカビが原因で起こる感染症です。主に足の親指の爪に発生し、かゆみはほとんどありません。他の水虫に比べると症状に気付きにくく、気がつくと悪化しているということも少なくありません。日本人の10人に1人が持っているとされています。 爪白癬の症状 主な症状は外見的なものです。 ・爪の色が白や黄色に濁る ・爪がポロポロ欠ける ・爪が厚くなる ・爪が変形する ・ひどい場合歩くたびに痛みを感じる 爪白癬には幾つかの種類があります。 1. 爪の先端や側縁部から菌が侵入し爪が変色。ポロポロと欠ける。1番多いタイプ。 2. 爪の甘皮から菌が侵入し、爪の付け根が白く濁る。進行が早い。 3. 爪の表面から菌が侵入し、爪の表面が白くなる。珍しいタイプ。 4. 爪のどこからか菌が侵入し、爪全体に症状が発生。他のタイプの治療が放置された場合になる。歩くたびに痛みを感じる場合もある。 原因 水虫と同じ白癬菌というカビが原因です。白癬菌は爪のケラチンというタンパク質をエサにしています。高温多湿な環境を好むため爪白癬の場合ほとんどが爪の下部である爪甲下(そうこうか)をすみかとします。 爪甲下は爪の表面と違い柔らかく水分も多いため、またエサのケラチンも豊富なために白癬菌の好む環境になっているからです。足に水虫がある場合、足の白癬菌から爪に白癬菌が運ばれて爪白癬になることもあります。水虫と爪白癬を併発した場合、治りにくく完治が難しくなります。また白癬菌を持っている周囲の人から感染することもあります。 検査・診断 水虫の場合と同じように顕微鏡で視認します。爪白癬と思われる部分を一部採取し、白癬菌の有無を調べます。 治療 爪白癬は主に薬物療法を用います。時間がかかることが多く半年から1年はかかることを覚悟しなければなりません。 根気よく続けないと爪の中や足の水虫に残っている白癬菌により再発することがあります。 ●塗り薬 治療の中心は塗り薬ですが、爪白癬の場合は外側から薬を塗っても白癬菌に届きにくいため、補助的に使用されます。 ●飲み薬 爪白癬の場合飲み薬が治療の要となります。直接薬の成分を患部に届けることができ、また長く患部にとどまるという利点があるためです。 飲み薬を使用するためには血液検査をします。治療の経過を確認し、薬の副作用を調べるためです。肝臓が悪い、妊娠中や妊娠の可能性のある方、授乳中の方は使用できないこともあります。飲み薬での治療は必ず医師による指導のもとで行ってください。...
もっと読む