プラセボってどんなもの?

プラセボは、デンプンや砂糖などから作られた本物ソックリの、いわば「ニセモノの薬」です。

病気のとき「自分は今、薬を飲んだ」と思うだけで、その心理的作用により薬を飲んだのと同じ効果を発揮することがあります。
ですから、新薬の効果や副作用を検討するにあたり、対照薬としてのプラセボと比較することが必要になります。
そのためプラセボは、外観的な大きさや形、色、味、臭いまで、普通の薬とソックリ同じに作られており、
見た目では普通の薬とまったく変わらず、ニセモノかどうかの判断がつかないようになっているのです。

プラセボは、主に治験や市販後の薬の臨床試験で比較試験を行う時、さらに病院などの医療現場で医師の指示によって使われています。

プラセボの目的とは?

治験薬を、薬としてまったく効果のないプラセボと比較することで、その有効性を科学的に証明するためです。

また薬物依存の患者に対し、医師が薬の量を減らす目的で、その患者に対してプラセボの使用を許可する場合があります。

治験のとき、必ずプラセボを使用する?

臨床試験の内容によってプラセボを使用する場合と、しない場合があります。

治験だからといって、必ずしもプラセボが使われるというわけではありません。

治験の初日だけ使用したり、全く使わない場合もあります。 治験の内容によって使用する確率も異なります。

治験にプラセボが使われるかどうか

治験によって、治験薬かプラセボのいずれかを飲む場合があります。ただしプラセボを使用する治験では、
治験薬を飲んでいるのかプラセボを飲んでいるのか、治験の参加者も、担当の医師を含めた治験実施者側も分からないようになっています。

“プラセボが混じっているのか?”“どの薬がプラセボなのか?”治験の被験者だけでなく医師にも知らされない理由としては、
人間が先入観を持つ生き物であるからと言っていいでしょう。

医師が、どの患者さんがプラセボを使用しているかわかってしまうと先入観が働いて、
治験薬を飲んでいる患者さんとプラセボを飲んでいる患者さんへの対応に違いが生じるなど、
正確な結果が出ない場合があるからです。

こうしたプラセボの使用は、「二重盲検法」といい、治験薬を正しく評価するために行われています。

プラセボの目的を理解して参加を

治験に参加する際は、プラセボが使用される場合があること、またその目的をよく理解した上で臨みましょう。

また、参加した治験でプラセボにあたった場合でも、治験の担当医師が病状を含めて適切なケアをすることになっています。
万が一、治験の参加中に体調が悪化した場合は、プラセボかどうかに係わらず、医師の判断で治験を中断したり、
適切な治療に切り替えたりといった処置がなされるので、ご安心ください。

治験においては、参加する被験者の安全や人権を第一に考えることが、法律で義務付けられています。

現在、市販されている薬はすべて、安全性と有効性を幾重にも科学的に検証する「治験」を経て、
その薬を必要とする人の元へ届けられています。

「治験」は、それなくしては、薬の安全と信頼は保つことができない、非常に重要な役割を担っているのです。
参加する治験に対して疑問や不安がある場合は、治験がスタートする前に納得いくまで治験コーディネーターや医師に相談しましょう。