治験とは?

今もなお、治らない病気も多く、新しい薬の開発が期待されています。

新しい「薬の候補」が厚生労働省の承認を得て「薬」として認められるためには、
その薬の効果と安全性を確認することが必要です。

そのためには、開発の最終段階で多くのボランティアの方の協力により、
“効果”と“安全性”を詳しく調べることが必要です。

このように人での“効果”や“安全性”について調べる試験を「臨床試験」といいます。
厚生労働省から薬として承認を受けるために行う臨床試験のことを「治験」といいます。

治験ボランティアの募集方法

・「病院」や「医療機関」が直接ボランティア募集をする場合
 募集は「ホームページ」「メールマガジン」「医者・治験コーディネーターからの紹介」などで行われます。

・病院・医療機関から受託をした「治験情報サイト」でボランティア募集をする場合
 「治験情報サイト」を通してサイト会員などに治験ボランティアの参加を呼びかけています。

気を付けて!!「治験詐欺の手口」

「治験サイト」からの募集の場合、「医療機関」が直接ボランティアを募集している場合に比べ、
悪質な業者が詐欺を働いている場合が多いので注意が必要です。

特に、健康な方が対象の治験では、
事前にお金がかかる事が一切ありません。“参加料”“情報料”“登録料”などを請求してくるサイトは、
詐欺を働いている可能性が高いので、注意しましょう。