新しい薬を作るために必要な「治験」。
治験が実施される現場には必ず「治験コーディネーター」と呼ばれる人達がいます。

「治験コーディネーター」の仕事内容

「治験コーディネーター」の仕事内容は、
治験を行う医師と治験に参加するボランティアの方の間でパイプ役となり、
ボランティアの方に注意事項を伝えたり、必要なサポートや細かな業務を行うことです。

「治験コーディネーター」は被験者の体調管理やメンタル面でのケア、
スケジュール管理も重要な仕事の1つです。

医療・医療機器は日々進歩しているので、新しい知識や技術を常に吸収し、
勉強する向上心が必要です。思いやりや気配りも欠かせないスキルでしょう。

主な勤務場所と重要性

主な勤務場所は「医療機関」、医療機関を代行して治験の支援を行う「SMO(治験施設支援機関)」、
依頼者である製薬会社を代行して支援を行う「CRO(医薬品開発受託機関)」などです。

治験コーディネーターは、外資系メーカーの勢力拡大に伴う国際的競争の激化により、
近年ニーズも高まっている仕事です。

治験に関わる医師とボランティアの方をつなぐ「治験コーディネーター」がいなければ、
円滑な治験は行えなくなってしまいます。

今もなお、治らない病気も多く、新しい薬の開発が期待されています。
治験に関する全般的なサポートを行う治験コーディネーターは欠かす事のできない大切な存在なのです。