どんな病気?

歯のミネラルが奪われて、だんだん溶けていく病気。最初は、表面のエナメル質が溶け出して、歯の表面がザラザラになり、エナメル質が完全に溶けきると、象牙質へと、虫歯が進行していく。口の中には、健康を守る「善玉菌」とトラブルのもとになる「悪玉菌」の両方がいて、これらのバランスが悪くなると、虫歯になりやすくなる。悪玉菌のミュータンス菌が優位になる原因は、甘いお菓子や清涼飲料水のとりすぎ、間食やだらだら食いなど。ストレスや疲労も免疫力を低下させ、悪玉菌を活発にさせてしまう。口の中の菌の状態には個人差があり、体調によっても常に変化している。生活習慣に気をつけ、セルフケアと歯科医院での定期ケアをきちんとすることで効果的な虫歯予防を行いたい。虫歯は進行すると二度と元には戻らない、予防が重要な病気である。

検査・診断

歯科医が口の中をライトで照らし、エアーなどで歯の表面についた食べカスなどを取り除きながら1本ずつ観察していく。虫歯の程度はC1からC4までに分類され、虫歯が硬いエナメル質にとどまっている状態がC1、象牙質へ進行するとC2で、冷たい水や風があたると沁みる状態。さらに虫歯が歯髄(いわゆる神経)に達するとC3で、ここまで進むと激しい痛みを感じる。歯冠部が溶けてほとんどなくなった状態がC4。

治療

無症状のうちに発見されれば、再石灰化といって溶けた表面の部分が再生される可能性もあるが、C2より進行した場合には、悪くなった部分を削って詰めるしかない。かつて、初期の虫歯治療によく使われていたアマルガムという詰め物には、水銀化合物が含まれており、アレルギーなどの原因になることから、現在では使われなくなっている。C3以上になると、歯髄の治療が必要となるため、治療に時間がかかる。 セラミックを使った白い詰め物や冠は自費になるが、治療費をすべて保険で賄うか、自費にするかは、あらかじめ問診表などに記入することが多い。