どんな病気?

歯ぐきが炎症を起こしたり、歯を支える骨が溶ける病気。歯周病の初期の段階は歯肉炎、進行したものは歯周炎(歯槽膿漏)という。歯肉炎は、歯茎が炎症を起こし、赤く腫れてふくらんできた状態。歯を磨いたときや硬いものを食べたとき、歯みがきのときに出血する。さらに炎症が進むと、歯ぐきがだんだん下がって、歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かす歯周炎になる。痛みはないが、骨が溶けてくると、歯がグラグラゆれるようになり、しまいには歯が抜けてしまう。歯を失う原因のトップは歯周炎とされている。また、歯周病は口臭の原因にもなり、炎症が進み、歯ぐきに膿をもった状態が最も強烈に臭う。
歯と歯肉の間のポケット(みぞ)に歯垢や歯石がたまると、歯周病菌が歯肉に炎症を起こし、ポケットが深くなり、さらに細菌が増殖して歯を支えている骨まで溶かしてしまう。
ふだんの歯みがきでブラッシングがきちんとできていない人、喫煙者は歯周病のハイリスクグループとされる。

検査・診断

歯茎の腫れや色の状態を目で確かめながら、歯と歯肉の間のポケットの深さを、金属あるいはプラスティックの細長いプローブを挿入してチェックする。歯の周囲を3ヶ所~6ヶ所ほど差し込んで、ミリ数をチェックシートに記入、歯周病の程度を判断する。プローブを差し込んだときの出血の状態なども参考にする。

治療

歯周ポケットの中にたまった歯垢を、除去することが基本。まず、スケーリングでは、細い金属のメスのような道具(スケーラー)を使い、手作業で1本1本歯垢や歯石を削り取っていく。さらに、器械を使ったクリーニングで歯の表面にこびりついたバイオフィルム(歯垢のまく)を取り除く。 歯科医院でのケアは3ヶ月に一度受けるのが理想。最低でも年に一度はクリーニングを受ける習慣にしたい。同時に、自宅でのケアとして朝晩のブラッシングを丁寧に行うことも不可欠。柔らかいものばかり食べずに、かたいものをよく噛んで食べる、規則正しい食習慣をとり、間食やダラダラ食いをしない、ビタミン豊富な食事を心がけ、喫煙しないことも大切なケアの一つ。