どんな病気?

便秘とは、毎日排便が行われない、便がかたい状態をいいます。一般的には3日以上排便がない状態をさす場合が多いのですが、個人差があるので回数で定義することは難しいのです。2~3日排便がないからと神経質になる必要はありませんが、中には腸閉塞など重い病気で便秘になる場合もあるので注意しましょう。

便秘症状の現れ

・おなかの症状
便秘が続くと「腹部膨満」といって、腸内に便やガスが溜まり、おなかが張った状態になります。便秘で出口のない状態でありながら、腸がガスを肛門に押し出そうとするので腹痛が起きるのです。また、便が溜まった腸は働きが悪くなるため、食欲がなくなったりします。

・肌の症状
腸内に溜まった便は時間とともに発酵し、毒素が発生します。その毒素が、吹き出物など肌荒れの原因になります。また、便秘によって新陳代謝が悪くなり、血流が悪化することで肌のツヤ・ハリにも悪い影響を及ぼします。

・精神的な症状
便秘によるイライラ、不眠、自律神経の乱れなどの症状が出ることがあります。

・その他の症状
便秘が続くと、そのほかにも頭痛や肩こり、口臭、吐き気などが起こる場合があります。

原因

便秘の主な原因は、食事や生活習慣の乱れです。朝食抜きや、食事の時間がバラバラ、偏食、食物繊維の少ない食事などが続くと、胃腸の調子が崩れて便秘になる場合があります。また運動不足や精神的ストレス、大腸がんや腸重積などの病気で便秘が引き起こされる場合もあります。

検査・診断

慢性便秘は、器質性便秘と機能性便秘に分けられます。

[器質性便秘と機能性便秘]

・器質性便秘
大腸がん、大腸ポリープ、腸重積、子宮筋腫など、他の器質的な病気によって起きる便秘。

・機能性便秘
糖尿病などの代謝性疾患や、甲状腺機能低下症などの内分泌疾患が原因の「症候性便秘」と「習慣性便秘」の2つがある。

[習慣性便秘の分類と対処法]

☆弛緩性便秘
・日本人に1番多い便秘。腸の蠕動(ぜんどう)運動が弱くなり便が押し出せない。

・食事内容の改善
・適度な運動

☆痙攣(けいれん)性便秘
・ストレスなどによって腸が過敏になり、蠕動運動が強くなった結果、痙攣してくびれた部分に便やガスが溜まる。
・過敏性腸症候群(IBS)によるもの。

・ストレス解消
・薬物療法(抗うつ薬、抗不安薬など)

☆直腸性便秘
・浣腸、下剤の乱用や、便意の制御が原因。
・直腸が鈍感になってしまっている。

・浣腸、下剤などの乱用をやめる。
・腸の自然な働きを取り戻す。

便秘の検査と診断

便秘の検査には色々な方法があります。便秘の種類を見極めるだけでなく、裏に隠された病気を探すことも大切な目的です。

[便秘の検査]
・問診
どのような便秘の症状か、生活習慣、食事、ストレスなど細かく聞き取る。
・便潜血検査
便の中に血液が混じっているか調べる。
・血液検査
血液を採取して異常がないか調べる。
・注腸造影検査
腸に造影剤を注入し、レントゲン(X線)で腸を撮影して検査する。
・腹部X線検査
レントゲン(X線)で腹部を撮影し、検査する。
・大腸内視鏡検査
肛門から内視鏡を挿入し、腸を検査する。

治療

器質性便秘や症候性便秘のように、病気が原因で起こる便秘の場合は、便秘のもとになっている病気の治療が必要です。
そのほかの場合は、食事や運動、生活習慣の改善、薬物で治療します。

☆食事療法
朝食を抜かず、3食をきちんと栄養バランスよく食べるようにします。食事のリズムが整うことで、胃腸のリズムも整います。便のかさを増したり、腸を刺激して便意を促進する食物繊維を積極的にとるように心がけます。

○食物繊維が豊富な食べ物は?
納豆・おから・とうもろこし・いんげん豆など

また、便秘の人は水分の摂取が不足している場合が多いので、意識的に水分補給をしましょう。
健康な人の便は約8割が水分ですが、便秘の人の便は水分が少ないため、硬く、出にくいことが多いのです。

☆運動療法
血液の循環を高め、胃腸など消化器官の働きを活発にします。

☆生活習慣の改善
十分な睡眠と栄養をとり、規則正しい生活を送るようにします。
生活習慣の乱れは、便秘の最大の原因の1つでもあります。ストレスを溜めないように気をつけましょう。

☆薬物療法
主に、下剤により治療します。作用の強弱により2つに分けられます。

・緩下剤(かんげざい)
穏やかに作用する下剤。
便を軟らかくして排便回数を増やす。

・峻下剤(しゅんげざい)
強力に作用する下剤。
服用するとお腹がグルグルと鳴り、液状の便が出る。

便秘の場合、下剤は「弱いものを少量から」試すのが原則であり、一般的には緩下剤を使用することが多いようです。
下剤の乱用は、直腸性便秘のもとになるなど逆効果になる場合があります。必ず医師に相談し、指示通りに使用しましょう。