どんな病気?

「子宮内膜症」とは、本当は子宮の中にしかないはずの子宮内膜組織が卵巣や卵管といった子宮以外の場所にできてしまう病気です。
症状として顕著なのは「月経時の強い痛み」です。全患者数の9割を占めています。他にも、月経時以外の下腹部痛、レバー状の塊が出る、腰痛、排便痛、腹部膨満、不妊状態、性向痛、疲労感などといった様々な症状を併発することも多いことがわかっています。子宮内膜症は、月経を繰り返しながら信仰するので症状に気づいたらまず一度産婦人科を受診しましょう。

子宮内膜症の主な種類
●ブルーベリースポット 
腹腔内に、赤や赤紫色の子宮内膜組織ができます。症状としては初期の段階にあたります。

●卵巣チョコレートのう胞 
卵巣内に病巣ができると、出血した血液が卵巣の中にのう胞となって溜まります。のう胞の中の溜まった血液が古くなるとチョコレート色に変色。のう胞が巨大化して破裂したり卵巣がねじれたりすると激痛におそわれます。

●ダグラス窩(か)子宮内膜症  
ダグラス窩と言われる子宮と直腸の間にあるくぼみに子宮内膜症ができたものを言います。症状としては重く子宮と直腸が癒着しやすくなり手術も難しくなります。

原因

子宮内膜症のはっきりした原因はまだわかっていません。有力な説としては「子宮内膜を含んだ月経血の一部が卵管を通って卵巣や周囲の臓器に移植される」というものがあります。また、腹膜が何かの影響により子宮内膜へと変化してしまうという説やストレス、アレルギーなど幾つかの説があります。

検査・診断

子宮内膜症の確定診断は難しく、様々な検査を行います。
通常は問診、内診、超音波検査、血液検査を行います。卵巣チョコレートのう胞が疑われる場合、あるいは症状により手術が必要と思われる場合はこの他にCT検査、MRI検査、腹腔鏡検査が行われます。
受診にあたり、前もって準備をしておいたり、気をつけたほうが良いことがいくつかあります。

問診について

  • 痛みはいつどのように痛むのか
  • 初経の時期はいつか
  • 最近の月経の状態と周期
  • 出産経験や中絶経験の有無と時期
  • 妊娠の可能性
  • これまでにかかったことのある病歴、治療歴
  • 過去に服用していた薬、現在服用している薬
  • 基礎体温をつけていれば体温表を持参する

内診について

  • 膣洗浄はしない おりものや出血の状態がわからなくなるため
  • 服装に気をつける 内診の時、下着を脱ぎやすい服装にする
  • 生理中の場合 生理中に症状が強く出る場合は受診の機会として望ましいので臆することなく受診する

治療

治療法は薬物療法と手術があります。どちらも様々なやり方があり、症状や妊娠を希望する場合なども視野に入れて治療法を選択することができます。
ひとりで悩まず家族やパートナー、医師の意見を聞いた上で選択することが望ましいと言えます。

薬物療法 
子宮内膜症は卵巣から分泌されるエストロゲンによって症状が進んでいきます。そのため薬物療法ではエストロゲンの働きを抑制するホルモン剤を使用し、月経を一時的に止めることにより病巣を小さくする方法がとられます。この薬も2種類あり、体を閉経時と同じ状態にするものと、妊娠に近い状態にするものがあります。

手術療法
手術には保存手術、卵巣機能温存手術、根治手術の3つがあります。それぞれ症状や妊娠の希望の有無などにより選択します。

●保存手術
妊娠の希望がある場合は保存手術を行います。これは卵巣や子宮を残して病巣のみを取り除くものです。
病巣をすべて取り除くことは難しく、手術をしても3割の患者さんには再発が見られます。

●卵巣機能温存手術 
妊娠の希望がない場合、女性ホルモンを分泌する卵巣機能を残し、子宮を摘出します。保存手術に比べ少ないですが再発の可能性もあります。
閉経まで時間のある場合に行われます。

●根治手術
子宮、卵巣、卵管をすべて摘出します。
再発はなくなりますが更年期のような症状が出ることがあります。閉経に近い場合に行われる手術です。

◎必ず専門医に相談してください。