どんな病気?

まず更年期とは、卵巣機能が衰え始め、女性ホルモンが急激に減少する「閉経前後の5年くらいのことを指します。日本女性の閉経年齢は、平均で50歳くらいといわれています。つまり更年期はだいたい45~55歳くらいと考えることができます。
更年期にホルモンのバランスの乱れにより、ほてり、のぼせ、発汗など色々な症状が現れることを、更年期障害といいます。

20代でも注意が必要!

更年期といえば中年女性と考えるのは、実は間違いです。20~30代でも、ほてりやのぼせ、イライラなど、更年期のような症状を感じる女性が増加しているのです。その背景には、現代社会の強いストレス、不規則な生活、過労、無理なダイエットが関係しているのではないかといわれています。
20代女性は、初めて社会人としての経験をする中で、また30代女性は、結婚や出産、子育てでの生活の激変などの精神的ストレスやプレッシャーが、更年期のような症状を引き起こすのではと考えられています。若年性更年期障害は、早期の治療により改善が可能です。
1人で悩まず、すみやかに婦人科を受診しましょう。

更年期の症状はバラエティ

更年期障害の症状は実に色々です。
症状の強さは、かなり個人差があります。主な症状には下記のようなものがあります。

[更年期障害の症状]
①ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)、発汗、冷え、動悸、息切れ、むくみ
②頭痛、めまい、不眠、不安感、いらいら、憂鬱、うつ状態、耳鳴り、立ちくらみ
③腰痛、肩こり、関節痛、背部痛、筋肉痛、疲れやすい
④食欲不振、吐き気、便秘、下痢、のどの渇き、口臭、胃もたれ、胸やけ
⑤頻尿、残尿感、排尿痛、血尿、尿失禁
⑥月経異常、膣乾燥感、性交痛、性欲低下
⑦しびれ、知覚鈍麻(感覚がにぶい)、知覚過敏、蟻走感(蟻が体を這っているような感覚)、視力低下
⑧皮膚の乾燥、かゆみ、しわ、くすみ

以上のような症状が出ても、中には更年期症状ではなく、他の病気が隠れている場合があります。
気になる症状が現れた時には、自分で判断するのではなく、必ず婦人科など専門医を受診してください。

原因

更年期症状には、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが大きく関わっています。女性の体にとってたいへん重要な「妊娠を助ける、体内のバランスを整える」という役割を果たすエストロゲンは、脳から分泌される卵胞刺激ホルモンの刺激を受け卵巣で作られています。

■エストロゲンの主なはたらき

・乳房や性器の成熟を促す
・丸みを帯びた女性らしい体をつくりだす
・子宮に働きかけて受精卵が着床できる状態をつくる
・心を安定させる
・コレステロールの増加を抑制する
・カルシウムの形成、吸収を調節し、骨を健康に保つ など

女性ホルモンの乱れが主な原因

ほとんどの女性は、更年期を迎えると卵巣の機能が衰えはじめます。その結果、卵巣で作られるエストロゲンの量が急激に減少し、それを感知した脳が、卵胞刺激ホルモンを分泌して卵巣からエストロゲンを作り出すように促します。しかし卵巣がその要求に応える力が残っていないと、結果としてホルモンバランスが乱れ、「急に顔がほてる」「急に大量の汗をかく」「イライラ」など、さまざまな更年期症状が出てくるのです。
更年期の女性は「子どもの独立・結婚」や「親の介護」など、大きな環境の変化も経験する年代でもあり、これらの環境の変化やストレスも、更年期障害を引き起こす原因になると考えられています。
更年期障害は、症状の出かたや強さ、どれくらいの期間続くかなど、個人差が大きいのも特徴です。

検査・診断

①問診
・現在の症状の内容、発症時期、頻度など
・最終月経、月経周期など
・これまでにかかった病気、家族の病歴など

②検査
1.血液検査
・血液中のホルモン量を測定。エストロゲンが減少し、卵胞刺激ホルモンが増加するといった更年期にみられるホルモン変化の有無を調べる
・生活習慣病などの病気が隠れていないか
2.内診、細胞診などの婦人科系の検査
・子宮筋腫など婦人科系の病気の有無
3.心理テスト
・うつ病などの精神疾患の有無

③診断
・更年期に該当する年齢である
・診察や検査の結果、更年期症状と同じ症状を示す別の病気がないと診断できる
・訴えが心身両面にわたり、多彩かつ複雑であるなど

現在は、以上のような項目に該当すれば更年期障害と診断されています。

治療

■薬物療法

更年期障害の薬物療法では、体全体の調子を整えるための薬が主に用いられます。しかし特定の症状が強く出ている場合は、それを改善するため別の薬も併用します。
(例)精神神経症状(不安感、いらいら、うつ状態、不眠など)が強く出ているとき:抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬など

[薬物療法の種類]
●ホルモン補充療法
急激に減少する女性ホルモンを補充することにより、ホルモンバランスを整えます。 のぼせ、ほてり、発汗などの血管運動神経系症状が中心となっているような場合に用います。
・萎縮性膣炎に基づく膣乾燥感、性交痛にも効果があります。
・骨粗しょう症の治療にも用いられます。
・個人差はありますが、不正出血、乳房痛、頭痛、悪心、嘔吐などの副作用があります。
・長期間の使用によって乳がんになる可能性が若干高くなるといわれています。

●漢方薬
漢方の「気・血・水」の流れを改善し、全身のバランスを整えます。 更年期症状が軽い場合やホルモン薬を使えない場合に用います。
・体質や症状などによって薬が使い分けられます。
・副作用が少なく、長期間の使用が可能です。
・効果がでるまでにやや時間がかかります。

●自律神経調整薬
自律神経全体のバランスを整えます。 更年期症状が軽い場合やホルモン薬を使えない場合に用います。
・ほてりや発汗などに効果がありますが、効果はやや弱めです。
・補助的に使用されます。

■心理療法

更年期症状には、体の症状だけでなく「いらいら」「不安感」「うつ状態」など、心に関わるものがあります。症状の原因が精神的な問題にある場合に行われます。
心理療法は、日常生活に張りをつくるようにする、物事の考え方を変えてみるなど、心理的な側面から症状を軽減していく方法です。担当の医師と話し合っていく中で、ストレスとうまく付き合っていく方法を見つけ、心の負担を減らしていきます。

※治療に当たっては、必ず専門医(婦人科)にご相談ください。

予防

更年期を上手に乗り切るためには「栄養バランスに気を配った食事をとる」「ウォーキングや軽いジョギングなどの適度な運動をする」「趣味や仕事、ボランティア活動など何か打ち込めるものをもつ」など、普段の生活での取り組みが重要です。
これらの取り組みは、更年期を迎えてからかかりやすくなる下記の病気の予防にもなります。更年期を迎える前から、ぜひ心がけたいものです。

■更年期にかかりやすい病気と症状

●高血圧症
動悸、息切れ、頭痛、めまい、肩こり、耳鳴り

●狭心症・心筋梗塞などの心臓病
動悸、息切れ、不整脈、胸痛

●糖尿病
のどの渇き、頻尿、しびれ、知覚過敏、知覚鈍麻、体重減少、倦怠感

●骨粗しょう症
腰痛、背部痛

●甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
発汗過多、動悸、息切れ、月経不順、体重減少、ふるえ

●子宮体がんなど婦人科系の病気
不正出血、おりものの異常、腰痛、動悸、息切れ、貧血

●膀胱炎
排尿痛、残尿感

周囲に更年期の方はいませんか?

更年期は、子供が独立・結婚したり、親の介護が始まるなど、環境の急激な変化やストレスが重なる時期でもあります。これは、更年期の症状を引き起こしたり悪化させる引き金になります。
もし、周囲に更年期の方がいる場合は、ご家族や周りの人が、その方の話をよく聞いてあげることが大切です。自分の話をしっかり聞いてもらうことで気持ちが楽になり、更年期症状が緩和されることも多いからです。特にご家族の方は、会話の機会をできるだけ多く持ち、相手の話をじっくり聞くことを心がけましょう。