どんな病気?

月経困難症とは、日常の生活に支障が生じるほど月経時の症状が強いものを言います。
例えば、月経痛で起き上がることもままならない、学校や会社などを休まざるを得ない、家事ができない、などの症状があり、一般的な月経痛とは区別されます。

月経困難症の主な症状

1. 月経時の下腹部痛
2. 腰痛
3. 頭痛
4. 吐き気
5. 貧血
6. 倦怠感
7. 精神的な不安

月経困難症のうち最も多いものは下腹部痛です。強い痛みにより会社や学校を休んでしまうというケースも少なくありません。
痛みが原因で精神的に不安定になる場合もあります。場合によっては子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が進行していることもあるため、放っておかずに受診することが大切です。

原因

原因は大きく分けて2種類あります。

機能性(原発性)月経困難症
月経時に子宮内膜で作られるプロスタグランジンという物質の過剰分泌。

器質性(続発性)月経困難症 
器質的な原因(子宮筋腫、子宮内膜症)がある場合

機能性月経困難症は月経困難症の大半を占めています。病気などの原因によらないタイプです。
月経時に子宮内膜で作られるプロスタグランジンの過剰分泌により、痛みが出ます。

器質性月経困難症の場合は原因となる病気が存在するタイプで月経困難症の中では少数派になります。
原因となる病気としては子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症などの子宮関連の病気が中心です。

検査・診断

月経困難症の検査は次のようなものがあります。

1. 問診 自覚症状、月経の有無、月経の周期、初経の年齢、性体験、妊娠、出産、流産、中絶経験の有無など
2. 尿検査 ホルモンの状態、排卵の有無などを調べる
3. 血液検査 ホルモン、子宮、卵巣の腫瘍の有無などを調べる
4. 血圧検査 ホルモンの状態や貧血などを調べる
5. 内診 膣内や子宮の入り口の状態を調べる
6. 超音波検査 体内の様子を画像で診断
7. MRI検査 器質性月経困難症と思われる場合に行う
8. CT検査 器質性月経困難症と思われる場合に行う

以上のような検査を行い診断を確定します。

治療

器質性月経困難症の治療
原因となっている病気(子宮筋腫、子宮内膜症など)を治療します。

機能性月経困難症の治療
薬物療法や生活習慣の見直しなどがあります。

薬物療法
機能性月経困難症の場合は、主に鎮痛剤が使用されます。
症状の緩和のために行われる対症療法です。同時にプロスタグランジン合成阻害薬も用いられることが多く、月経痛の原因となるプロスタグランジンの過剰分泌を抑制することにより痛みを緩和します。
症状がひどい場合はピルを使用することもあります。しかし、ピルは高血圧や喫煙習慣のある方には使用できない場合もあるため、
注意が必要です。痛みがひどいからといって薬の服用量を勝手に増やしたりしてはいけません。
必ず医師の指導のもとで、用法、用量を守って服用するようにしましょう。

生活習慣の見直し

ホルモンのバランスを整え、疲れやストレスをコントロールすることで月経の症状を軽くすることができます。

1. ホルモンバランスのために規則正しい生活をする
2. 月経時は無理をせず、ゆったり過ごす
3. バランスの良い食事をする
4. 十分な睡眠と休養をとる
5. 音楽を聴く、読書するなどのリラックスタイムを作る

●治療は必ず専門医に相談するようにしましょう。