どんな病気?

びらんとは、ただれという意味で、20~40代女性に多くみられる。ただし、この世代に見られる子宮膣部びらんの大多数は、生理的な状態で病気ではないので、特に心配はいらないことが多い(仮性びらん)。子宮頸管内の上皮が膣のほうにめくれあがっているため、赤くただれたように見えるが、実際にただれているわけではない。無症状の場合が多いが、おりものの量が増える、おりものに血が混じる、セックスのあとで出血する、不正出血があるなどのケースもある。

検査・診断

内診台にあがった状態で、クスコ膣鏡で観察すると、子宮の入り口にある子宮頸部の状態はすぐに観察できる。セックス後の出血は、子宮頸がんの初期症状としても起こるため、がんと区別するためにパップスメアテスト(柄の長い綿棒などで子宮頸部の表面を擦り、細胞をとって検査する)を行う。

治療

子宮頸がん検診の結果、異常がなく、仮性びらんの状態だけであれば、治療の必要はない。軽い炎症を起こしていても、自然に治ってしまうことが多いが、炎症があるとその部分の抵抗力が弱くなって、さまざまな感染症にもかかりやすくなるため、妊娠を望まないセックスのときはコンドームを使って感染予防することも大切だ。