どんな病気?

本来、子宮の内側だけに存在するはずの子宮内膜が、卵巣、卵管、腹膜、直腸、膀胱、ときには子宮から遠く離れた肺などに発生して、月経のたびに出血を繰り返す病気。子宮内の内膜は月経血とともに膣から排出されるが、子宮の外側にできた内膜からの出血は外に出て行くことができないのでお腹の中にたまり、激しい痛みの原因となる。直腸にできると排便痛が起こり、子宮と直腸の間にできると性交痛の原因になる。さらに進行すると、周囲の臓器と癒着をおこし、月経以外のときでも痛むようになる。卵巣にできた子宮内膜症を、卵巣チョコレートのう腫といい、大きくなって破裂すると激痛を引き起こす。一度なると基本的には閉経するまでは治らないため、病気のことをきちんと理解し、上手にコントロールしていくことが大切だ。

検査・診断

典型的な症状は激しい月経痛だが、月経痛がひどいからといって必ずしも子宮内膜症とは限らない。内診、超音波検査で子宮や卵巣の状態をチェックすると、痛みが子宮内膜症によるものかどうか、だいたいの見当がつく。血液検査の腫瘍マーカーやCT、MRI検査も参考になる。本当に子宮内膜症かどうかを確定診断するためには、腹腔鏡検査を受ける必要があるが、全身麻酔をしてお腹に穴を開ける大掛かりな検査なので、すべてのケースに行うとは限らない。内診や超音波検査を行わず、問診で「月経痛がひどい」と言っただけで子宮内膜症と診断されてしまったら、そのまま治療を開始せず、セカンドオピニオンをとったほうがよい。

治療

閉経を待たずに根治させるには、子宮と卵巣を摘出する根治手術を受けるしかないが、妊娠希望がある場合、閉経までまだ年数が長い場合は、薬物療法や保存手術など、さまざまな治療法を組み合わせて症状をコントロールしていくことになる。長いつきあいになるだけに、自分のライフプランにあった治療を積極的に選び取っていく姿勢が大切だ。
薬物療法では、鎮痛剤で月経痛を軽減させる方法があるが、子宮内膜症は月経が繰り返されるたびに進行していく病気なので、痛みをコントロールしながら、経過観察も同時に行っていく必要がある。月経を完全に止めてしまうホルモン療法には、ダナゾール療法(飲み薬)とGnRHアゴニスト療法(点鼻薬/1日2~3回、注射/4週間に一度)があり、使用中は月経がこないので症状からは解放され、子宮内膜症の進行も抑えられる。ただし、薬の連続使用期間は6ヶ月と限定されており、薬をやめて月経が戻れば、症状も元のように現れてくることが多い。再度使用するまでに6ヶ月間休薬する必要がある。この他、子宮内膜症治療薬としては認可されていないが、低用量ピル(経口避妊薬)を服用すると、月経痛が軽減されることから、症状のコントロールにも使用される。使用期間の制限がなく長期間使える点がメリット。避妊薬なので服用中は妊娠しない。
手術療法には、子宮内膜症病変だけを摘出し、子宮と卵巣を残す保存手術と、卵巣を残し、子宮を摘出する準根治手術、子宮、卵巣を摘出する根治手術がある。また、手術方法には腹腔鏡下手術と開腹手術があり、保存手術には前者の方法が広く行われている。腹腔鏡下手術は全身麻酔下で、お腹に数箇所の小さな穴を開け、そこからファイバースコープと手術器具を挿入、お腹の内部をモニター画面に映し出して手術する方法。開腹手術に比べ、傷が小さいため術後の回復が早く、1泊~3日程度の入院で済むのがメリット。ただし、癒着がひどい場合など腹腔鏡の適応にならないケースもあるので、主治医とよく相談を。不妊症を合併する場合には、薬物療法に時間をかけるよりも、まず腹腔鏡下手術を第一選択とするのが一般的だ。