どんな病気?

卵巣にできるがん。妊娠、出産経験が乏しい人に多く、子宮体がんや乳がんの経験者、家族や親戚に子宮対がん、卵巣がん、結腸がんの人がいる場合はハイリスク。卵巣は「沈黙の臓器」といわれ、初期には自覚症状がまったくないので、発見されたとき、すでに進行しているケースが多い。進行すると、下腹部が膨れる、おなかにガスがたまる、食欲不振、疲れやすい、頻尿、吐き気、嘔吐などの症状が現れる。40代後半から50~60代に多いものの、まれに10代で発生するものもあるので、若いから安心とはいえない。

検査・診断

卵巣がんは婦人科がんの中で最も発見が難しいがん。子宮のように簡単に細胞や組織を採取することができないため、最終的には手術で摘出し、病理診断をしないと悪性かどうかの判断ができない。
がんかどうかの目安をつけるために有効なのは、経膣超音波検査やMRIなどの画像診断と血液検査の腫瘍マーカー。画像診断の結果、卵巣が腫れていて、悪性の疑いがある場合には、開腹手術で卵巣を摘出する。腫瘍マーカーは、卵巣がんに限らず、良性の卵巣病変や妊娠、子宮内膜症、子宮筋腫や骨盤内の炎症などでも数値が高くなるので、参考程度にとどめる。

治療

原則として、子宮と卵巣を摘出し、手術後に化学療法を行うことが多い。ごく早期に発見され、がんが卵巣だけに限局されている場合には、悪いほうの卵巣だけを摘出して、片側の卵巣を残す場合も、ごくまれにある。卵巣は片側のほんの一部でも残っていれば、きちんと排卵し、ホルモンを分泌するので、妊娠の可能性は残せる。
卵巣は摘出してみないと悪性かどうかの確定診断ができないため、医師が手術を勧める場合には、放置して命を落とす危険性を考え、早めに手術を受けたほうがよい。