どんな病気?

網膜症、腎症と並んで糖尿病の3大合併症のひとつに数えられる神経障害です。
高血糖の状態が長引くと、身体に張り巡らされている末梢神経の働きが低下することにより全身症状が出てきます。
末梢神経には「知覚神経」「運動神経」「自律神経」があり、それぞれ痛みを感じたり、筋肉を動かしたり、内臓の働きや体温の調節などをする役割を担っています。この神経障害は他の2つの合併症と違い、初期の頃から自覚症状が現れます。よくあるものが手足のしびれです。
症状が軽い場合、そのままにしてしまうことも多く、重症化すると重篤な自体を招いてしまうこともあります。
しかし、症状が軽いうちに血糖をコントロールすることにより症状の改善が見込まれるため早めの対応が大事です。

糖尿病における合併症の分類

急性合併症 ・糖尿病性昏睡(こんすい)
・低血糖
慢性合併症 ・糖尿病性神経障害
・糖尿病性網膜症
・糖尿病性腎症
・動脈硬化

糖尿病の主な症状は、手足のしびれや痛み、足先が異常に冷える、足底部の違和感(皮をかぶったような感じや砂利の上を歩いているような感覚)などが始まりです。これらは比較的軽い症状のため、そのまま放置してしまい、市販薬を使うなど誤った対応をしてしまう患者さんが少なくありません。
そのため症状を悪化させ、全身の筋肉の萎縮や顔面神経痛、便秘や立ちくらみ、排尿困難やインポテンツなどの症状が引き起こされてしまいます。
さらにひどくなると火傷や靴ずれなどの傷口から細菌感染し、足を切断せざるを得ないなどの大手術が必要になる場合もあります。早めに適切な治療をすることが大切です。

糖尿病性神経障害の症状分類

多発性神経障害 ・手足のしびれ・冷感・神経痛
・感覚麻痺・こむらがえりなど
自律神経障害 ・発汗異常・立ちくらみ・便秘
・下痢・排尿困難・インポテンツなど
単一性神経障害 ・顔面神経痛・外眼筋麻痺・聴神経麻痺
・四肢の神経障害など(一部を表示)

原因

全身に広がる神経は脳から始まり脊髄を通って縦横無尽に張り巡らされています。中でも脳は巨大な神経の塊です。
脳の働きは筋肉を動かす命令を出し、体から発せられる触覚や痛覚、温感などの情報を受け取ります。
この神経が正しく働くことにより初めて「痛い」「熱い」「冷たい」「柔らかい」「硬い」などという情報を感じ取ることができるのです。
走ったり、座ったり、指先の小さな動きなども脳からの指令を神経が伝えてくれなければできません。
また、「自律神経」は自分の意思では動かすことのできない心臓や胃腸などの筋肉の動きを調節してくれます。その神経がなぜうまく働かなくなるのか?現在考えられている原因のひとつに血糖値が高くなることでソルビトールという物質が神経細胞にたまるためです。
また、血管が傷つき血液の流れが悪くなることにより神経に栄養が行きわたらないためと言われています。
他にも様々な要因が複雑に絡み合って発症すると言われています。

検査・診断

検査項目

・末梢神経電動速度…末梢神経の刺激の伝わる速度を測ります。
・振動覚閾値…物の振動を感じる働きを調べます。
・アキレス腱反射…アキレス腱の反射を調べます。
・呼吸心拍変動係数…自律神経の働きを調べます。

糖尿病性神経障害と診断されたら

主治医の先生とよく話をして、治療を早めに開始しましょう。
また、低血糖や高血糖になりやすいため、血糖値の測定を怠らないようにし、良好な状態に保つようにすることが大切です。
長風呂は避け、足や足先をチェックし、壊疽(えそ)を起こさないよう注意しましょう。
アルコールは症状の悪化につながるため、禁酒すること。タバコも血流を悪化させるため禁煙するようにしましょう。

治療

基本は血糖コントロールです。そのために食事療法や運動療法、薬物療法を行います。
効果を上げるためには厳格な血糖コントロールが必要になってきます。
症状が軽い場合、血糖コントロールを行うだけで神経障害による様々な症状を改善できることもあります。
また、神経障害の治療で使用する薬によって一時的に痛みが悪化することがあります。治療後神経障害と言われるもので詳しい原因はわかっていません。
ともあれ、治療中に一時的に症状が悪化することもあるということを覚えておきたいものです。
痛みがひどい場合は勝手に治療を中断したりせず、早めにかかりつけの医師を訪ねましょう。

糖尿病性神経障害の改善に使用される主な薬

・アルドース還元酵素阻害薬… 神経障害を起こす原因物質の生産を抑制する
・整腸薬…自律神経障害によって起こる下痢、便秘症状の緩和
・鎮痛薬…知覚神経障害によって起こる痛みの緩和