どんな病気?

血液中の尿酸が過剰になった状態が高尿酸血症。さらに足の関節などに結晶がたまり、突然激しい痛みの発作が起こった状態が痛風。発作がよく起こる場所は、足の親指の付け根や足の甲、くるぶしの関節など。突然、パンパンに腫れて激しく痛み、靴も履けないほどになることもある。
また、発作まで至らなくても、尿酸値が高いと、肥満や高血圧、高脂血症、糖尿病など他の生活習慣病と同様、心筋梗塞や脳梗塞など致命的な病気のリスクも高くなることを知っておきたい。

検査・診断

血液検査で尿酸値を測った結果、7㎎/dlを超えると(正常値は6㎎/dlまで)症状はなくても高尿酸血症と診断される。発作は血液中の尿酸値が8.5㎎/dlを超えると起こりやすくなる。ただし、痛風発作は尿酸値が高いときだけではなく、急激に変動したときにも起こるため、発作を完全に予測することはできない。

治療

痛風発作で痛みがひどい場合には、鎮痛剤が処方されるが、かなりひどい場合には点滴を行う。治療によって痛みが治まっても、再発のリスクはなくならないため、尿酸値を下げる治療を行う。体内での尿酸産生を減らす薬、排泄を促す薬を使って尿酸値の変動をみながら治療する。同時に、尿酸値を下げるための生活習慣の改善も行う。有酸素運動を行い、カロリーのとりすぎを防いで肥満を解消するほか、尿酸の原料となるプリン体が豊富に含まれた食品(レバー、モツなどの内臓類、魚の干物、ビール)は避ける。