どんな病気?

胃液などが逆流して、食道の粘膜を傷つける病気。胃の中は粘液で保護されているため、胃酸があっても傷つかないが、食道は酸に強くないため、逆流してくると粘膜が傷ついて炎症を起こしてしまう。このため、胸焼けや、すっぱい胃液が口の中まで逆流してくるなどの症状が現れる。また、食べ物を飲み込んだときに痛みを感じることもある。胃液が逆流するおもな原因として考えられるのは、胃酸の過剰分泌と胃と食道の境目の噴門の緩み。肥満していると腹圧がかかり、胃酸が逆流しやすい傾向がある。

検査・診断

自覚症状から、ほぼ目安がつくことが多いが、胃がんとの鑑別のためにも、胃内視鏡検査を行う。内視鏡検査を行うと、胃と食道の境目の噴門部の状態もチェックできる。

治療

H2ブロッカーやプロトポンプ阻害剤で胃酸の分泌を抑える。ただし、薬には一時的な作用しかないため、症状が我慢できなければ、薬を一生のみ続けることになる。
日常生活上の注意として、胃酸の分泌が活発になる食後は、すぐ横にならずに、なるべく立った状態を保つか、座ってすごすといい。きついガードルやベルトでお腹を締め付けると、腹圧がかかって逆流の原因になるので、ゆったりした服装にするよう心がける。夜寝るときは、背中から頭部が高くなるよう、布団や枕を調整するのも一つの方法。
食生活では、脂肪の多い食事や甘いものを食べると、噴門部が緩むため食べ過ぎに注意。胃酸分泌を促す刺激物やアルコール、炭酸飲料やすっぱいものも控える。間食をすると、常に胃酸が分泌され続けるため、1日3食を規則正しくとることが大切だ。