どんな病気?

変形性膝関節症は膝関節の軟骨がすり減りや筋力の低下により膝の関節が炎症を起こし、関節自体が変形することにより痛みが生じる病気です。
中高年、中でも女性に多いのが特徴で、50歳以降に発症する率が高くなっています。年齢のせいと諦めず、痛みが生じたり違和感を感じたりしたらすぐに病院で診てもらうようにしましょう。

変形性膝関節症の症状

初期
朝起きた時の「膝の違和感」が最も早く表れる症状です。症状の現れ方は個々に違いがあり、痛みの出る人もいれば、朝の違和感のみで本格的な変形性膝関節症にはならない人もいます。

中期
中期になると病気は徐々に進行し、痛みとともに膝が完全に曲がりきらない、伸びきらないといった状態から正座やしゃがむといった動作が辛くなります。階段の上り下りでは特に下りが苦痛になります。炎症が起きているため膝の周辺が腫れる、熱感を伴う、むくむ、などの症状も出てきます。膝に力が加わる動きをするとコリコリ、ガリガリといった音が出るような感じがします。

末期
この段階になると日常生活には支障をきたし、痛みのため仕事や買い物、旅行などの活動が思うようにできなくなります。活動範囲が狭まることでストレスが溜まりやすくなりうつ状態になることもあります。高齢者の場合はこのような状態が続くことにより認知症を発症する人もいます。外見上も関節の変形が目立つようになります。

原因

原因としては大きく分けて2つがあります。

1. 一次性変形膝関節症 加齢、女性、筋肉の衰え、肥満、膝への負担の大きいスポーツの習慣、O脚や扁平足、足に合わない靴及びハイヒール
2. 二次性変形性膝関節症 膝周辺の骨折による膝関節の軟骨の損傷、靭帯損傷、半月板の損傷、膝蓋骨の脱臼、膝関節の捻挫、慢性関節リウマチなど

一次性のものは明確な原因が特定できないもの、二次性のものはケガや病気などの原因となるものがはっきりしているものです。

検査・診断

問診では痛みの状態や生活の様子、ケガなどの経歴を確認します。ついで視診、触診を行い変形、腫れの有無、痛む場所や膝の曲がり具合などを診ます。
詳しい検査にはX線検査と関節液検査があります。
X線検査では骨の変形の度合いや軟骨の減り具合を調べます。また間接液検査では注射器で間接液を抜き取り、その状態を見ます。それらの結果をもとに診断がくだされます。

治療

間接の軟骨部分は一度すり減ってしまうと元の状態に戻りません。ですので変形性膝関節症の治療は膝の痛みや状態を改善し、
曲げ伸ばしなどの機能を高めることを目的として行われます。
治療方法の柱は薬物療法、温熱・冷却療法、運動療法の3つになります。

1. 薬物療法
炎症を抑え、痛みを軽減します。内服薬、外用薬、座薬の3種類があります。
2. 温熱療法・冷却療法
患部を温めたり、冷やしたりすることで痛みを和らげたり炎症を鎮めます。
家庭では入浴時に患部を温める方法や湿布剤を使ったりする方法がありますが自己判断では行わず、必ず医師に相談するようにしましょう。

3. 運動療法

期待できる運動の効果
A. 筋肉の萎縮を防ぐ
B. 体重のコントロール
C. 関節組織の新陳代謝
D. 関節機能の回復を促す
E. 関節軟骨の再生を促す

運動療法により血行をよくし、患部の痛みを軽減させます。また間接の動きをスムーズにすることができます。
さらに、体を動かすことで改善された血流により関節部分に栄養を行きわたらせ、老廃物の排泄を促します。
細胞の活動も活発になれば病気の進行や再発を防ぐこともできるため、治療効果も期待できるのです。ただし、運動療法も必ず医師に相談の上で行うようにしてください。

●外科的療法

他の治療で改善されない場合、最終手段として外科手術を行うことがあります。

手術の種類
a. 高位脛骨骨切り術 O脚を矯正する手術です。長期の入院が必要で回復までに半年ほどかかります。
b. 人工膝関節置き換え術 関節の変形が大きく、痛みが取れない場合に行います。関節の状態が良くなくても高齢者でも受けられます。デメリットとしては可動域が狭くなる、耐久性は完全ではないなどがあります。
c. 関節鏡視下郭清術(デブリードマン) 変形はあまり進んでいない場合で、半月板の損傷や骨の変形が痛みの主原因になっている時に行います。条件を満たしている人ではかなりの効果があります。

★膝への負担を軽くすることがポイント

通院以外にも自宅で気をつけるポイントがあります。早く治したいと頑張りすぎないように、自身の体力や症状に合わせて少しずつ取り入れましょう。
1. 肥満の解消
2. 運動不足の解消
3. 足に合った靴を履く
4. 和服を着る機会の多い人は、和服を脱いだら足のストレッチをする
5. 毎日入浴し、血行を良くする
6. サポーターを利用して膝を冷やさないようにする
7. 杖を利用する

☆治療にあたっては必ず専門医に相談するようにしてください。

予防

a. なるべく重いものは持たない
b. ヒールの靴は履かない
c. 杖を使う 
など工夫をしましょう。

また、次にあげるような自宅でできる運動を行うなどして関節の柔軟性を保ち筋力をつけるようにしましょう。

大腿四頭筋のトレーニング

1. 椅子に深く腰掛けて太ももとスネが水平になるまで5秒くらいかけてゆっくりと片足を上げる。
2. できるだけ膝の裏をピンと伸ばす。つま先は天井に向ける。
3. 5秒くらいかけてゆっくり足を下ろす。
これを左右交互に繰り返す。20回ぐらいまでを目安に無理のない範囲で少しずつ行いましょう。