どんな病気?

カンジダはかびの一種で、健康な人の体にも存在する常在菌。ふだんは膣内にある自浄作用のおかげで増殖しないが、疲れて体力が落ちたときや、長期間抗生物質を使用したときなどに膣内の善玉菌が死滅してカンジダ菌が増殖し、症状をひき起こす。セックスで感染することもある。自覚症状は、白い豆腐カスのようなおりものと、膣内、外陰部の激しいかゆみ。

検査・診断

白いポロポロしたおりものが特徴的なため、内診台で大陰唇と小陰唇の間についたおりものを観察すると、比較的簡単に診断がつく。おりものの変化がはっきりせず、かゆみだけが強い場合には、おりものを採取して培養検査を行う。

治療

膣坐薬を挿入し、外陰部に抗真菌剤(抗カンジダ剤)の軟膏を塗る。中途半端に菌が残ったまま治療を中止すると、再発するので、自覚症状がおさまっても治療は継続し、完治したかどうかチェックを欠かさないことが大切。カンジダはかびの一種なので、高温多湿になると繁殖しやすい。外陰部を清潔にし、きついガードルやジーンズなどで締め付けず、通気性のよい下着を身に着けるよう心がけたい。