どんな病気?

淋菌という細菌がセックスによって感染する病気。2~3日の潜伏期間を経て、初期には無症状だが、放置すると膣炎を起こし、黄色いドロドロした膿のようなおりものが出る。尿道に感染すると膀胱炎になり、さらに子宮、卵管、腹腔内に炎症が広がると、不妊や流産、早産の原因になることもある。

検査・診断

内診したとき、明らかに膿のようなドロドロしたおりものが出てくるような場合は、ほぼ淋病と診断がつくが、はっきりしない場合は、内診台にあがった状態で柄の長い綿棒で膣内の分泌物を採取、培養して淋菌を顕微鏡で確認する。 セックス感染なので、パートナーも同時に泌尿器科で検査することが不可欠。

治療

ペニシリン系の抗生物質を1週間服用する。さらに1週間後、再検査して完治したかどうかを確認する。パートナーも検査で淋菌に感染していたことがわかれば、必ず同時に治療を受けること。両方が完治するまで治療中のセックスは厳禁だ。感染しているかどうかわからない相手とのセックスでは、毎回必ずコンドームを使用し、再感染の予防に努めることも大切だ。