どんな病気?

パニック障害(PD = Panic Disorder)とは、突然、激しい動悸や息苦しさ、発汗やめまいに襲われ、その身体的症状とともに「このままでは死んでしまう」という強い不安感が起きる病気です。
それらの症状を体験した後は「またあの症状が起きてしまったらどうしよう」という強い不安を感じ、症状が起こった場所や状況をひどく恐れたりするようになります。
日本人100人のうち2~3人がパニック障害の症状を経験しているともいわれ、男女の比率では女性の方がやや多い傾向にあります。
パニック障害の患者さんの中には、うつ病を併発する方も少なくありません。
パニック障害の疑いがある場合は、なるべく早めに専門医(精神科や心療内科)の診察を受けてください。

■パニック障害の3つの症状

☆パニック発作
・動悸(心臓がドキドキする)
・呼吸困難
・めまい
・ふるえ
・発汗
・しびれ
・恐怖感
・現実感の喪失

なんの前ぶれもなく心臓がドキドキしたり、呼吸が苦しくなったり、発汗、手足のふるえ、吐き気などが、強い不安や恐怖とともに襲ってくるのが「パニック発作」です。これらの症状は突然起こって10分以内に頂点に達し、通常は20~30分、長い人でも1時間以内には収まります。

☆予期不安
・「またあの発作が起きるのでは」という強い不安感

パニック発作を経験した後「またあんなことが起きたらどうしよう」と、ひどく不安になることを「予期不安」といいます。
予期不安によって、本当にパニッ発作が誘発されてしまうのも、パニック障害の特徴の1つです。

☆広場恐怖
・パニック発作の起こった場所や状況に恐怖を感じて避けるようになる
・人ごみ、電車・バス、車、飛行機などを恐れる
・1人での外出が困難になることもある

パニック発作を起こした場所や状況に対して不安を抱き、同じような場所や状況を避けるようになることを「広場恐怖」といいます。
人ごみは、パニック発作を大勢の人に見られるかもしれない恥ずかしさが不安や恐怖を生むため、避けるようになります。
また、電車やバス、車、飛行機などの乗り物、エレベーター、美容室や歯医者、映画館、会議室など、逃げ場のない場所や1人になる場所が、一般的に恐怖の対象になりやすいようです。

ちなみに広場恐怖の「広場」とは、ギリシャ語で「市場」「集会」などの意味を持つ「アゴラ(agora)」が語源であり、「広い場所で恐怖を感じる症状」という意味ではありません。
広場恐怖はパニック障害の症状の1つではありますが、パニック発作・予期不安のようにかならず起こるわけではなく、パニック障害の人でも症状が現れないケースもあります。

原因

パニック障害の原因は、まだはっきりと解明されていませんが、脳のノルアドレナリン系の過敏・過活動、またはセロトニン系の機能不全など、脳内のノルアドレナリンとセロトニンのバランスが崩れる「脳の機能異常」により起こるという説が有力とされています。
なぜ脳の機能異常が起こるのかは明らかではありませんが、睡眠不足や過労、仕事や学校、人間関係などの精神的ストレスなどは、パニック障害の引き金になるといわれています。また、不安を持ちやすい体質が関係しているという説もあります。

検査・診断

パニック障害の診断は、医師による問診を中心に行われます。
アメリカの『精神障害の診断と統計の手引き』第4版(DSM-Ⅳ)では、「予期しないパニック発作が繰り返し起こり、予期不安が1ヶ月以上続き、原因となるような身体的疾患が存在しない場合、パニック障害の可能性が疑われる」とされています。
パニック障害の疑いのある人は、症状が出た日時や状況、内容を記録しておくと、医師に診断してもらう際に役立ちます。

問診では医師から以下のような質問を受けます。
・パニック発作の症状について
・はじめてパニック発作が起こった時について
・1番最後に起こったパニック発作はいつか
・パニック発作が続く時間
・パニック発作のきっかけ
・パニック発作を経験した回数
・日常生活でストレスに感じていること
・既往歴
・家族構成・家族環境
・現在、服用している薬はあるか
・コーヒーやお茶、お酒などの摂取量

パニック障害の診断にあたっては、心血管系の病気(血管に生じる病気)、呼吸器の病気、低血糖、薬物中毒、てんかんなど、パニック障害と同じような症状を引き起こす他の病気がないかを確認するため、尿検査、血液検査、心電図検査、脳波検査などの検査も行われます。

治療

■薬物療法
パニック発作を抑えるのに、薬物療法が大きな効果を発揮するといわれています。日本でパニック障害の薬として国(厚生労働省)に承認されているものは、パロキセチン、セルトラリンの2つです。患者さんの症状により、抗うつ薬や抗不安薬が使われる場合もあります。

①抗不安薬
《特徴・効果》
・即効性がある
・不安や緊張を緩和する
《副作用》
・即効性がある
・眠気
・倦怠感
・ふらつき
・依存性がある
・耐性がつきやすく、効きにくくなりやすい

②三環系抗うつ薬
《特徴・効果》
・抗うつ効果が高い
・薬価が安い
・長年の研究の蓄積がある
・副作用が強い
《副作用》
・眠気
・便秘
・のどの渇き
・性機能障害

③SSRI
《特徴・効果》
・抗うつ効果が高い
・副作用が少ない
《副作用》
・眠気
・吐き気

④SNRI
《特徴・効果》
・抗うつ効果が高い
・副作用が少ない
《副作用》
・排尿障害
・性機能障害

☆認知行動療法
間違った認知と行動習慣を修正し、正しい認知と行動習慣を学習していく方法です。予期不安や広場恐怖の原因となる場所や状況に、徐々に慣れていくことが大切です。
例えば、電車を不安に感じている患者さんが、知人につきそってもらって最初は駅まで行く、次は改札まで行ってみる、一駅だけ乗ってみる、というように一歩ずつ進めます。少し不安だったけれどここまでは大丈夫だった、という具合に、行動することで誤った認知を、少しずつ正しいものに修正していくのです。
しかしながら、認知行動療法は一歩間違えると症状の悪化につながりかねないので、専門医の指導のもとで無理をせず慎重に行なう必要があります。

☆生活習慣の改善
パニック障害の治療には、生活習慣の改善が不可欠です。睡眠不足や乱れた食習慣、精神的ストレスは治療の大敵ですから、規則正しい生活をするように心がけましょう。また、精神的ストレスをうまく発散する方法をみつけることが大切です。