どんな病気?

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスの感染によって起こる病気で、高熱や頭痛、筋肉痛、全身倦怠感などの全身症状のほか、咳や痰、のどの痛みなど、呼吸器の急性炎症がみられるのが特徴です。
通常のかぜと似ているものの、症状は重く、肺炎などの合併症を引き起こしたり、持病をを悪化させたりします。最悪の場合は死に至ることもあり、乳幼児や高齢者がかかると大変危険です。インフルエンザは潜伏期間が短い上に感染力も強く、毎年12月下旬から3月上旬頃にかけて流行します。

症状の経過
インフルエンザは、ウイルスに感染後1~3日間の潜伏期間の後、急に38~40度の高熱が出ます。さらに悪寒、頭痛、関節痛や筋肉痛、全身倦怠などの症状が現れます。また、鼻水やのどの痛み、胸の痛みなども出てきます。通常、3~7日間程度で熱は下がりますが、インフルエンザウイルスは熱が下がってからも体内に残っているため、他の人にうつさないよう、1週間は安静にしていることが大切です。

市販の薬を自己判断で使用しない
乳幼児がインフルエンザにかかって脳炎や脳症を併発すると、水分をとってもすぐに吐いてしまう、元気がない、けいれんを起こす、意識がはっきりしないなどの症状が現れます。この場合は、ただちに医療機関を受診してください。また、市販の解
熱剤には一部脳炎を引き起こしすいといわれるものもあるため、自己判断で市販の解熱剤を服用させることはやめ、必ず医師に処方してもらった薬を使用しましょう。

原因

インフルエンザウイルスは、A型・B型・C型の3種類があります。特に流行して問題になるのはA型とB型で、そのうちA型はさらに何種類かに分かれます。
現在はA/H1N1(ソ連型)とA/H3N2(香港型)、B型の3種類が流行しています。
また、鳥インフルエンザが人間の体内で新型に変化した、新型インフルエンザも流行しています。

[インフルエンザの種類と性質]

☆A型
・非常に変異しやすい。
・毎年流行し、爆発的な大流行もある。
さらに細菌性の肺炎を高い割合で併発するため、高齢者は死亡する場合がある。

☆B型
・変異しにくい。
・散発的に小流行を繰り返す。

☆C型
・変異しにくい。
・症状は普通のかぜに似ている。大きな流行は起こさない。

検査・診断

現在、インフルエンザかどうかの判断は、医療機関が「迅速診断キット」を使って行うのが一般的です。のどや鼻の粘膜から粘液を採取して調べるもので、約15分ほどで結果が分かります。
インフルエンザウイルスはかなりのスピードで増殖しますが、あまり早い段階で検査するとインフルエンザと判断されません。また、発症後2日以上たってからインフルエンザの薬を飲んでも効果が低くなってしまいます。

ちょうどいい検査のタイミングは、発症後12~24時間経過したあたりと言われています。

治療

体力と免疫力が高い人なら、普通のかぜより症状の激しさはあるものの、自然治癒が期待できます。ただ、高齢者や慢性疾患のある人は、肺炎などの合併症を併発する確率が高くなります。自分のためはもちろん、周囲の人にうつさないためにも、早めに医療機関を受診しましょう。

インフルエンザの治療は、かぜの時と同じ一般療法のほか、薬物療法、対症療法が行われます。

■一般療法
安静にして、十分な睡眠と栄養をとることを心がけます。職場や学校は医師のOKが出るまで休みましょう。

■薬物療法
発症から48時間以内に、抗インフルエンザ薬を服用します。抗インフエンザ薬には、内服薬、吸入薬、注射薬などがあります。

■対症療法

発熱・頭痛・関節痛・筋肉痛などへの対症療法として解熱鎮痛剤を使用したり、鼻水・くしゃみに抗ヒスタミン剤、咳・痰に鎮去痰剤が用いることがあります。
症状を無理に抑えることで、かえって治りが遅れる場合もあるので、自己判断をせず、必ず医師の指示に従いましょう。

子どもの場合、鎮痛解熱剤を服用した後にライ症候群という合併症を発症することがあります。
悪夢をみたり、嘔吐したりする場合があるので、必ず大人が付き添って目を離さないようにすることが必要です。
症状が出た場合には、必ず医師に相談しましょう。

予防

空気が乾燥している冬は、インフルエンザが流行する季節です。
インフルエンザの予防は、シーズンの前に予防接種を受けることが1番ですが、そのほかにも日常生活でできることがあります。

■予防接種を受ける

予防接種を受けたからといって、絶対にインフルエンザにかからないわけではありません。しかし、予防接種を受けた方がインフルエンザいかかりにくかったり、かかっても重症化しにくいといわれています。ちなみに成人の場合の発病阻止率は70~90%、小児の場合はさらに低くなります。

☆接種する時期
流行を迎える前、11月頃

☆接種する回数
原則として1~4週間の間隔をあけて2回。
65歳以上の人、昨年予防接種を受けている人、近年インフルエンザに罹患した人は、1回でも十分な免疫力が得られるともいいます。
接種回数は医師の指示に従いましょう。

☆費用
インフルエンザの予防接種は任意のため、費用は自己負担です。1回の接種費用は3千円~5千円程度です。

☆接種した方がよい人
気管支喘息を持つ子どもや、65歳以上の高齢者、養護施設などに入居する慢性の病気を持つ人も、重症化を防ぐために予防接種を受けた方がよいでしょう。

☆接種してはいけない人
卵アレルギーのある人は、予防接種を受けないか、医師と相談してから行う必要があります。
また、出産直後で体力が回復していない人も控えた方がよさそうです。

■日常生活での工夫

1.人混みを避ける
流行期には、なるべく人混みを避けた方がいいでしょう。
外出時はマスクをつけることで、人からの感染を防ぎ、自分がインフルエンザにかかっていた場合にも他人にうつすのを防ぐことができます。

2.うがい・手洗い・洗顔
外出から戻ったあと、うがいや手洗いだけでなく、できれば洗顔も行うとよいでしょう。
顔にもインフルエンザウイルスが付着しています。できるだけ、露出していた部分で洗えるところは洗いましょう。

3.室内の換気と湿度に気をつける
インフルエンザウイルスは乾燥した空気が大好きです。ウイルスの活動を抑えるためにも、室内の湿度を一定に保ちましょう。
時々換気して空気を入れ替えることも大切です。

4.体力を保つ
体力がないとインフルエンザウイルスに感染しやすくなります。
栄養バランスのよい食事と十分な睡眠をとり、厚着をし過ぎないようにしましょう。