どんな病気?

COPDとは慢性気管支炎と肺気腫からなるもので、日本では40歳以上の10人に1人がCOPDと推定されています。COPDは英語名のChronic Obstructive Pulmonary Disease(慢性閉塞性廃疾患)の頭文字を取ったものです。
気道の慢性的な閉塞のため肺へ送り込まれる空気の流れが悪くなるため、様々な障害が生じてきます。慢性気管支炎では有害な物質を吸い続けることにより厚くなった気管支の壁が空気の流れを悪くします。さらに粘液の分泌が高まることにより咳や痰も出やすくなります。気管支に痰が詰まると細菌やウイルスにも感染しやすくなり感染症を引き起こす原因にもなります。
肺気腫は肺の壁にある毛細血管を通じて行われる酸素と二酸化炭素の交換(呼吸)がうまくいかなくなり、呼吸困難を引き起こします。肺を構成している肺胞が長年吸い続けている有害物質によって破壊されてしまうためです。肺胞は1度破壊されてしまうと元には戻らなってしまいます。

COPDの症状
COPDは進行する病気です。階段の上り下りでの息切れや咳・痰などが出やすいなどの初期症状は、年齢のせいによるものなのだろうと思い込みがちです。
放っておくとどんどん悪化してしまいます。

軽度 咳や痰が出やすくなる
   少し動くと息切れがする

中度 咳や痰が止まらない
    日常生活の動作で息切れをする

重度 寝たきりになり、身体を動かすことができない
   重大な病気を併発する

原因

別名「タバコ病」と呼ばれるCOPDの主な原因はやはり喫煙によるものです。タバコの煙に含まれる有害物質を吸い続けることにより気管支や肺に炎症が起こります。COPD患者の約90%は喫煙者だというデータもあります。
非喫煙者であっても周囲の喫煙者による副流煙を吸い込む受動喫煙によりCOPDやその他の呼吸器の病気にかかることがあり、注意が必要です。
他にも鉱山や工場、建築現場で長時間過ごす場合や、大気汚染などによってもCOPDを引き起こす可能性があります。

検査・診断

スパイロ検査
肺活量計(スパイロメーター)を使い、思い切り息を吸い込んでから素早く息を吐き出します。呼吸機能が低下している場合、COPDの可能性が疑われます。

画像検査
X線検査、CT検査で肺や横隔膜、肺胞の状態を調べます。COPDの場合正常な人に比べて肺が大きくなっています。また横隔膜が平らになっているなどの違いがわかります。CT検査では正常な人に比べ、血管の陰が減少しているのがわかります。

治療

治療法は禁煙と薬物療法などがありますが、現在、COPDを完全に治す治療法はありません。早い段階で診断を受け、治療を始めることで病気の進行を遅らせることができます。

禁煙治療
COPDの場合、基本は禁煙することです。喫煙の習慣を断つことで病気の進行を大幅に遅らせることができます。禁煙することが難しいニコチン依存の場合は専門医によるニコチン代替療法などの禁煙治療を受ける必要があります。

薬物療法
COPDにより、呼吸困難、体が動かしづらい、筋力や運動能力の低下、呼吸困難の悪化という悪循環を断ち、病気の進行を遅らせるために症状を和らげる薬を使います。使用されるのは気管支拡張薬で、特に苦しい時はステロイド薬を用いいます。他にも痰を吐き出しやすくする薬も使われます。

呼吸理学療法
口すぼめ呼吸は呼吸困難や息切れなどの症状を緩和する方法です。鼻から息を吸い、口をすぼめてゆっくりと息を吐き出します。気道の内圧を高め、肺からより多くの空気を出すことができるようになります。専門家の指導のもと行います。

酸素療法
COPDが重度になると肺機能の低下により通常の呼吸だけでは酸素不足になってしまいます。その場合は酸素療法を行います。酸素ボンベを用い、酸素を吸入します。ただし、この療法を行うためには病態が安定していることが条件となります。他にも条件があり、医師と良く相談する必要があります。

治療にあたっては必ず専門医にご相談ください。