どんな病気?

なんらかのアレルギー物質に反応し、くしゃみや透明な鼻水、鼻づまりなどの症状を起こすものをアレルギー性鼻炎と呼びます。
アレルギー性鼻炎は「通年性」のものと「季節性」のものがあります。
杉やブタクサなどの花粉による、花粉の飛ぶ季節だけに症状が現れる花粉症は「季節性アレルギー性鼻炎」と言います。

アレルギー性鼻炎の3大症状
1. くしゃみ…1日に何回も立て続けにくしゃみが出る。鼻の中がムズムズしたり痛くなったりする。
2. 鼻水…粘り気がなく、透明な鼻水があふれるように出てくる。
3. 鼻づまり…鼻粘膜が腫れて嗅覚障害を起こすことも、口呼吸の原因にもなる。

アレルギー性鼻炎の症状はひどくなると日常生活に支障をきたします。何度も出るくしゃみや鼻水により集中力が低下する、夜眠れないなど深刻な支障が出たり、鼻をかみすぎて鼻の皮がむける、鼻の周辺の肌が荒れて赤くなる、鼻づまりのせいで嗅覚障害を起こしたり、口呼吸になることにより喉を傷めてしまうなど様々な不具合がおこります。

原因

人には免疫機能が備わっています。体内の異物を感知すると異物を素早く排除しようと働いてくれます。しかし、この機能も過剰に反応すると身体にとっては逆に負担になってしまうのです。この過剰な反応のことをアレルギーと呼びます。アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)の種類は数多く、人によっても反応がまちまちです。

主なアレルゲン

a. 食物性アレルゲン 卵、そば、小麦など 口から入り、口や喉の粘膜で反応する。腸で吸収され、全身に運ばれるとじんましんやアナフィキラシーなどの全身症状を引き起こす。
b. 吸入性アレルゲン…植物性 空気中に漂い、鼻や気管支から侵入する。 スギやヒノキの花粉など アレルギー性鼻炎や気管支ぜんそくを起こす。
…動物性 空気中に漂い、鼻や気管支から侵入する。 猫の毛やダニ、カビ、細菌、ハウスダストなど アレルギー性鼻炎や気管支ぜんそくを起こす。

以上のアレルゲンと生活環境や生活習慣、ストレスによる免疫力の低下などもアレルギーを発症する引き金になることがあります。

検査・診断

鼻炎がアレルギーによるものか、他の原因によるものかを検査するため問診や鼻鏡検査などを行います。

[問診]・症状の経過、季節性かそれ以外か、症状が強くなる時間帯、既往歴、家族にアレルギー体質の人がいるかどうかなど
[鼻鏡検査]・鼻粘膜の状態、色(普通はピンク色)晴れて青白くなっているとアレルギーの可能性あり
[鼻汁好酸球検査]・鼻汁を採取して顕微鏡で観察する。好酸球が増えているとアレルギーの可能性あり

◎以上の検査でアレルギーの疑いが出てきたら、アレルゲンは何かを調べる検査を行います。

[皮膚テスト]腕に小さな傷を作り、多種類のアレルゲンの溶液をたらす、アレルゲン溶液を注射する。または皮膚にアレルゲンの溶液をたらし、上から針を軽く刺すなどのやり方でテストする。15~20分程度で結果がわかる。
[血清抗体検査]採血し、血液中のIgE抗体量を測る。
[誘発検査]アレルゲンを鼻粘膜に接触させ、アレルギー反応が起こるかどうか確かめる。

以上の3つの検査で2種類が陽性の場合、アレルゲンが特定され確定診断がつきます。鼻炎の場合はアレルギー性鼻炎と診断されます。

治療

アレルギー性鼻炎の治療はアレルゲンを取り除くことが重要です。丁寧に掃除をし、室内を清潔にすることはもちろん、体に触れる布団のシーツや枕カバーの洗濯などは大変有効です。床がフローリングであれば、カーペットなどの敷物はダニやハウスダストを排除するためにも敷くのをやめる、もしくはマメに天日干しをするなどします。部屋の湿度を50%、室温も20~25度に保つとダニ対策になります。また、生活リズムも治療には大事な要素です。規則正しい生活を送ることで免疫力が高まります。

薬物による治療

アレルギー性鼻炎の治療法でも効果が高い治療法です。
使用される主な薬には、ケミカルメディエーター遊離抑制薬と抗ヒスタミン薬があります。
●ケミカルメディエーター遊離抑制薬とはアレルギー性鼻炎の予防として用いられる薬です。
●抗ヒスタミン薬はくしゃみや鼻水、鼻づまりなどを緩和する薬です。第一世代と第二世代があります。
・第一世代の抗ヒスタミン薬 即効性がある。副作用は強い眠気を伴うこと。
・第二世代の抗ヒスタミン薬 効果が現れるまでに2週間かかる。副作用は少ない。

●ステロイド薬 重度のアレルギー症状に効果がありますが、副作用を招くこともあり注意が必要です。。鼻噴霧用ステロイド、経口ステロイドなどがあります。医師の指示通りに使用しましょう。

●その他の薬 Thサイトカイン阻害薬、ロイコトリエン受容体拮抗薬、プロスタグランジンD2・トロンボキサンA2受容体拮抗薬などがあります。他にもアレルギー性鼻炎の治療で漢方薬が処方されることもあります。漢方薬は症状を抑えるのみではなく、体質改善の効果を期待して使用されることが多いようです。体質により処方が違うため、必ず漢方薬に詳しい医師に処方してもらうことが大事です。

減感作療法による治療

減感作療法は一定の間隔でアレルゲンのエキスを皮下注射してアレルゲンに対する過剰な反応を起こさないよう体を慣らすという治療法です。治療期間が2~3年と長くなりますが治療後も長期にわたって効果の持続が期待できる治療法になります。

外科的治療法

鼻づまりがひどく、薬では改善できない場合に手術を行うことがあります。症状の進行により厚くなった鼻粘膜を切除、収縮させてアレルギー反応を起こす部分を減らします。
◎治療にあたっては、必ず専門医にご相談ください。