どんな病気?

痔ってどんなもの?

痔(じ)は、肛門とその周辺の病気の総称です。特に、直腸や肛門などの粘膜が刺激されることにより生じるものを指すことが多いようです。痛みや出血の症状があるものの場合、そのせいで座ることや歩くことが困難になる場合もあります。痔は、発生部位や性質などからいくつかの種類に分けることができます。
日本人の痔の比率は高く、3人に1人が痔持ちだとも言われています。男女比では、痔の種類にもよりますが、男性よりも女性に多いようです。
痔を放置すると症状が悪化し、日常生活に支障をきたすだけでなく、場合によっては大腸がんなどの重大な病気になる場合もあります。
心当たりのある方は、速やかに専門医に相談しましょう。

■痔の分類と症状

痔は、大きく3つに分けることができます。以下で痔の分類について見てみましょう。

[痔の症状]
1.痔核(いぼ痔)
直腸や肛門にある粘膜の動静脈がふくらんでいぼ状になって起こる。
・外痔核(がいじかく)症状:痛みが激しい、出血する。
・内痔核(ないじかく)症状:痛みは少なめ、出血、症状が進むと脱肛(痔核が排便時等に肛門から出てくること)することも。

2.裂肛(切れ痔)
便秘などで硬くなった便により肛門上皮が切れ外傷ができた状態。女性に多い
症状:激しい痛み、出血 、単純性裂肛など。
刺激により肛門上皮が裂けた状態。裂肛の初期段階で、便秘を解消し外用薬を用いることなどで治癒が可能。
・慢性潰瘍性裂肛
単純性裂肛が悪化・慢性化することで起き、肛門上皮の同じ箇所が何度も裂けることで傷が奥の方(内肛門括約筋)まで達すると、裂肛のまわりに炎症性のポリープや潰瘍ができ、肛門上皮が再生できなくなる。自然治癒は難しく、手術が必要。

3.痔ろう
肛門小窩(こうもんしょうか)というくぼんだところに便の細菌が入り感染・化膿し、さらに膿を排出するための管ができる。手術が必要。
症状:痛み、発熱など。

原因

痔は、肛門及びその周辺の粘膜の静脈が炎症を起こすことで発生します。主な原因は便秘で、排便の時に力んだり、硬くなった便により肛門に傷ができることで炎症が起こりやすくなります。痔の主な原因としては、以下のものがあげられます。

■痔の主な原因

・便秘
硬い便を排便する際に力むことで肛門に炎症を起こす。

・下痢
肛門が刺激され、痔核や裂肛を悪化させたり痔ろうの原因となる。

・長時間の同一姿勢
立ちっぱなし、座りっぱなしで肛門がうっ血する。

・アルコール
肛門に送られる血流が増え、うっ血する。

・香辛料
排便の際にに肛門を刺激する。

・妊娠
妊娠すると子宮に血液が集まることや、胎児が圧迫することで肛門がうっ血する。

・出産
出産時の力みは大変強いため、肛門に負担がかかる。

・冷え
冷えると肛門とその周辺の血管が収縮し、血液の循環が悪くなって肛門がうっ血する。

・疲労とストレス
自律神経が乱れて悪影響を及ぼす。

検査・診断

■痔の診断

痔の恐れがあると感じたら、なるべく早く「肛門科」を受診することが大切です。肛門の病気ということで恥ずかしく思う人もあるかと思いますが、最近は患者さんが恥ずかしさを感じないよう、細かい配慮をしている病院も増えています。
痔の診断は以下の通りです。

■痔の診断

①問診
自覚症状、痛み、出血、便通などについて医師から質問をされる。既往歴や出産経験(女性の場合)を聞かれる場合もある。

②視診
肛門及び肛門周辺に異常がないかを目視で確認する。シムス体位という、診察台で体の左側を下にして横向きに寝る姿勢をとって診察を受ける場合が多い。

③触診
医師がゴム手袋などを装着し、肛門周辺を触ることで患部や痛みの具合などを調べる。

④肛門鏡検査
肛門鏡という10cm程度の筒型の検査器具を肛門に挿入し、肛門内の内痔核・裂肛・痔ろうの位置などを診察する。

⑤大腸内視鏡検査
先端にレンズがついた細い管の検査器具(ファイバースコープ)を肛門から挿入し、直腸や大腸の粘膜をモニターに映して診察する。

⑥エコー検査
超音波を体内に発信し、その反射波の変化を画面に映し出して臓器や体内の病状を検査する。

治療

薬物療法が基本となります。痔の種類や症状、進行状況によっては手術が必要になります。

■薬物療法

痔には、主に塗り薬、座薬、内服薬が用いられます。

・塗り薬
軟膏やクリーム等で、患部に直接塗布する。痛み止め、消炎、止血などの効果がある。主に外痔核に用いられるが、肛門に注入するタイプの場合は内痔核や裂肛にも用いられる。
抗生剤/炎症や細菌を抑える。

・座薬
固形で肛門に挿入し、体温で徐々に溶ける。痛み止め、消炎鎮痛、止血などの効果がある。痔核(特に内痔核)や裂肛に用いられる。

・内服薬
整腸剤/腸内の環境を整えて便通を良くする。
緩下剤(かんげざい)/便をやわらかくして便通を良くする。
消炎剤/患部の炎症をおさえる。
抗生物質/患部の化膿をおさえる(主に痔ろうの場合に用いられる)

■手術療法

重い痔の場合や種類によっては手術療法が行われます。

・血栓除去術
血栓性の外痔核
局所麻酔後、外痔核を切除する。

・結紮(けっさつ)切除法
中度~重度の内痔核
一般的な内痔核の手術法。痔核につながる血管を縛り、痔核そのものを切除する。1~2週間の入院が必要。

・輪ゴム結紮(けっさつ)切除法
軽度~中度の内痔核
内痔核の根本に輪ゴムを縛り壊死させる。1~2週間で内痔核は壊死し、輪ゴムとともに自然に排泄される。

・PPH法
中度~重度の内痔核
自動縫合器を用いて痔核の数cm上の直腸の粘膜を切除し縫い合わせ、垂れ下がる痔核や粘膜を肛門内部の正常な位置へつり上げる。2~5日の入院が必要。

・硬化療法
軽度の内痔核
内痔核に硬化剤を注入し、痔核を固めて縮小させる。通常2~5日の入院が必要(入院なしで日帰りの場合もある)。

・レーザー治療
軽度~中度の内痔核
内痔核にレーザーをあて、凝固、縮小させて除去する。

・内肛門括約筋側方切開術(LSIS)
軽度の裂肛
内肛門括約筋を肛門の側方で部分的に切開し、肛門の緊張やけいれんを取り除く。

・スライディング・スキン・グラフト法(皮膚移行術)
重度の裂肛
潰瘍化した箇所をメスで切除し、切除した箇所に正常な皮膚をスライドさせる。5~7日程度の入院が必要。

・切開開放手術
軽度の痔ろう(痔ろうの位置が浅い)
痔ろうの管を取り除く。1週間程度の入院が必要。

・肛門括約筋温存手術
重度の痔ろう(痔ろうの位置が深い)
痔ろうの管の入り口と出口を切除する。残った痔ろうの管は自然と消失する。1~2週間程度の入院が必要。

※治療に当たっては、必ず専門医にご相談ください。

予防

■生活習慣の改善

痔は生活習慣と深く関係がある病気だといわれています。
まず食生活では、痔の最大の原因である便秘を避けるため、食物繊維をきちんと摂取し、バランスの良い食事を心がける、水分補給をしっかりすること。またアルコールや香辛料などの刺激物を控えることも大切です。
そのほか、トイレで力みすぎない、入浴で肛門を温めて血流を良くする、疲労やストレスをためすぎないこともポイントです。普段から「おしりに優しい」生活をしたいものです。